Sueb0jrsklhwjc8b3qmm

エンタメ

CATEGORY | エンタメ

五木寛之の家族(妻・子供)は誰?髪をシャンプーで洗わない?

2018.07.05

小説家・五木寛之さんの家族(妻・子供)について気になりませんか。これまで数多くの作品を手掛けてきた五木寛之さんは、作詞家としても音楽活動をしていたことがわかりました。妻や子供など家族情報や代表作5作品、さらにフサフサな髪の秘訣についてもご紹介します。

目次

  1. 直木賞作家 五木寛之の家族(妻・子供)は誰?髪をシャンプーで洗わない?
  2. 五木寛之の家族(妻・子供)は誰?【プロフィール】
  3. 五木寛之の家族(妻・子供)は誰?【代表作書籍①】
  4. 五木寛之の家族(妻・子供)は誰?【代表作書籍②】
  5. 五木寛之の家族(妻・子供)は誰?【代表作書籍③】
  6. 五木寛之の家族(妻・子供)は誰?【代表作書籍④】
  7. 五木寛之の家族(妻・子供)は誰?【代表作書籍⑤】
  8. 五木寛之の家族(妻・子供)は誰?【作詞家としても活動】
  9. 五木寛之の家族(妻・子供)は誰?
  10. 五木寛之の家族(妻・子供)は誰?髪をシャンプーで洗わないって本当?
  11. 直木賞作家 五木寛之の家族(妻・子供)は誰?髪をシャンプーで洗わない!
6dabf42a960aa3216d2f1526c99fa384
引用: https://i.pinimg.com/564x/6d/ab/f4/6dabf42a960aa3216d2f1526c99fa384.jpg

小説家であり随筆家、そして作詞家としても活動する五木寛之さんは、髪を洗う時シャンプーを使わないという信じられない情報があります。この情報は本当なのでしょうか。五木寛之さんの代表作「親鸞」などの書籍とともにご紹介します。

37fe8f425a99cee745e1dee152eec21b
引用: https://i.pinimg.com/564x/37/fe/8f/37fe8f425a99cee745e1dee152eec21b.jpg

五木寛之(いつきひろゆき)さんは1932年9月30日、福岡県八女郡に生まれました。旧姓は松延寛之(まつのぶひろゆき)であり、現在85歳です。生後すぐに朝鮮半島に渡り、第二次大戦中は韓国・平壌にいました。ソ連軍進駐により母親が死去、父と幼い弟とともに福岡県へ引き揚げてきました。

地元福岡の高校を卒業後、早稲田大学に入学します。しかし、学費未納により 抹籍となります(後に学費を納入、中退扱いになりました)。その後はラジオのニュース番組などを手掛ける作家として活動、34歳で執筆した「さらばモスクワ愚連隊」で「第6回小説現代新人賞」を受賞、作家として活動していきます。

40歳で休筆、月刊誌の編集長を務めました。その後復帰しますが、49歳で再び休筆に入り仏教史を学びました。52歳で執筆活動を再開、ベストセラー作品を数多く手掛けてきました。

親鸞

D8fade8b38f5cb48261d783baa3819c9
引用: https://i.pinimg.com/564x/d8/fa/de/d8fade8b38f5cb48261d783baa3819c9.jpg

浄土真宗の宗祖「親鸞(しんらん)」の生涯を描いた小説「親鸞」は、2011年に発売に発表されました。小説「親鸞」は上下巻2冊発売され、親鸞が誕生してから比叡山へ修行に向かい、比叡山を去るまでを描いています。

その後、続編となる書籍が発売され、2012年に発売された「親鸞 激動篇」では修行僧として生きていた時の物語を描いています。2014年に発売された書籍「親鸞 完結編」では京に戻った親鸞に起きた数々の出来事を描いています。小説「親鸞」は既に完結しているため、これから五木寛之さんの小説を読みたい人は、おすすめの書籍です。

親鸞 激動篇(上) (講談社文庫)
価格 ¥ 607
京を追放された親鸞(しんらん)は、妻・恵信(えしん)の故郷である越後に流されていた。一年の労役の後、出会ったのは外道院(げどういん)と称する異相の僧の行列。貧者、病者、弱者が連なる衝撃的な光景を見た親鸞の脳裡に法然の言葉が去来する。「文字を知らぬ田舎の人びとに念仏の心を伝えよ」。それを胸に親鸞は彼らとの対面を決意する。

風の王国

5374988d089f8d270b8522443c97918f
引用: https://i.pinimg.com/564x/53/74/98/5374988d089f8d270b8522443c97918f.jpg

1987年に発表した「風の王国」は、16代天皇「仁徳天皇」の陵を舞台にかつて実在した産学の流浪の民「サンカ」の伝説をモチーフにした作品です。歴史の闇に葬られた一族を詳細に描くことで、日本史の暗部にスポットライトを当てた物語です。

風の王国 (新潮文庫)
価格 ¥ 810
闇にねむる仁徳陵へ密やかに寄りつどう異形の遍路たち。そして、霧にけむる二上山をはやてのように駆けぬける謎の女…。脈々と世を忍びつづけた風の一族は、何ゆえに姿を現したのか?メルセデス300GDを駆って、出生にまつわる謎を追う速見卓の前に、暴かれていく現代国家の暗部。彼が行く手に視るものは異族の幻影か、禁断の神話か…。現代の語り部が放つ戦慄のロマン

蒼ざめた馬を見よ

Acc993c7a075c09f706542277316fd67
引用: https://i.pinimg.com/564x/ac/c9/93/acc993c7a075c09f706542277316fd67.jpg

1967年に発表した小説「蒼ざめた馬を見よ」は、新聞社の記者がソ連(現在のロシア)に渡り、ロシアの小説家アレクサンドル・ミハイロフの未発表である長編小説を密かに入出してくるよう上司に頼まれる物語です。未発表作品を探すうちに、作品がロシアのとあるユダヤ系市民の3代に渡る物語であることがわかっていきます。

1 / 4