2018年01月28日 UPDATE

【必見】夜に眠くならない理由大全集!眠くなるために押さえたいコツも紹介!

次の日に大事な予定があるのに夜にまったく寝つけない、布団に入ったは良いものの目がさえて寝れる気がしない、という経験をしたことのある方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?夜に眠くならない理由の解説と共に、眠れないときに役立つコツをご紹介します!

目次

  1. 夜に眠くならない主な理由とは
  2. 眠れない原因は心理的な理由
  3. 日中の活動量の不足
  4. 夜寝る前の飲み物に注意
  5. タバコも不眠の原因に
  6. 夜寝る直前まで触っている携帯にも注意
  7. 夜眠くなるために抑えておきたいコツ
  8. 気持ちをリラックスさせることが大切
  9. 寝る前に飲むと良い飲み物
  10. 夜寝る1時間前には携帯やパソコンをしないことも大切
  11. 寝る前にリラックスできる自分なりの方法を見つけることが大切

夜に眠くならない主な理由とは

1日たくさん動いて体は疲れているはずなのに夜にまったく眠くならない、布団に入るとぱっちり目が覚めてしまってなかなか寝付けない!といった症状は誰もが何度か経験したことのあることではないでしょうか?無理やり寝ようとするほど寝付けなくなってしまう夜に眠れない原因は人によってさまざまな理由があります。
P3glohnqdcqxwkqt7mxs

眠れない原因は心理的な理由

夜に眠れない原因の大部分は心理的な理由が関係していると言われています。憂鬱になることが多々あったり、心配事や不安なことが溜まっていると神経が緊張してしまいリラックスした状態になれず、夜眠れない日々が続く原因となってしまいます。
Pih2nhvpncr3wo24jyie

ストレスによる不眠

夜になかなか寝付くことができなる不眠症状の理由として挙げられるのがストレスです。毎日の仕事でのストレスや人間関係でのストレス、体の疲れからくるストレスというように自分では気づかないような小さなことにでも少しずつ肉体的、精神的なストレスが生じています。そんな日々のストレスからくる緊張感や不安な状態が続くことによって不眠症状を起こし、夜眠れなくなってしまいます。
Ymqo0sb4o8kvnyjeq2wo
Cuk995dn1hyzhdzvkbyw

興奮状態による不眠

Ookawa9v9a6907 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/OOKAWA9V9A6907_TP_V.jpg
不安なことや心配事のせいでなかなか気が休まらず寝る前に考え込んでしまうことによって、神経の興奮状態が収ままらず眠りにつけなかったり、旅行の前日なども楽しみな気持ちを抑えきれず、興奮状態が続き眠れなくなってしまうといったこともあります。

日中の活動量の不足

休みの日に外に出ず1日中家でゴロゴロと過ごしていたり、昼寝をしてしまった日の夜、なかなか眠れなかったという経験はありませんか?なにも予定がないからとどこにも行かずに過ごしてしまうと、日中の活動量が少なくなり身体的な疲労がないため、夜になかなか眠りにつくことができないといった症状を引き起こしてしまいます。
Pdkyhm596xeixabcuenp

夜寝る前の飲み物に注意

夜に眠れなくなってしまう原因の一つに飲み物が関係している場合もあります。何気なく飲んでいるものが睡眠の妨げになっているという可能性もあるので寝る前に口にする飲み物にも注意が必要です。
Gwodmj9y2k1nrvpjbufe

カフェインの摂取量はほどほどに

寝る前にコーヒーを飲むと眠れなくなるというのは一般的に知られていますが、コーヒーだけでなく紅茶やコーラといった飲み物にもカフェインが含まれており、夜眠くならない人にとっては気を付けなければならない飲み物となっています。こういったカフェインが多く含まれている飲み物は1日に3〜5杯飲んだ程度でも不眠につながる場合もあるので要注意しなければなりません。
L6iazdzscfxr1eylqgml
Pfyboeecatrb69hcinko

夜にアルコールを飲むときの注意

アルコール類は飲むといったんは眠くなりますが、寝つけたとしても夜中に目が覚めてしまいそこから寝れなくなってしまったりと、飲んでから何時間も経つと逆に眠気を遠ざけてしまう恐れがあるので、夜に眠れないからといってお酒を飲む癖をつけてしまうとかえって不眠症状を起こす原因となってしまいます。
Hqkqula91n2pbne9st6s

タバコも不眠の原因に

タバコの中に多く含まれているニコチンはカフェインなどの成分と似たような働きをし不眠を引き起こしてしまいます。ニコチンを摂取することによって血圧の上昇や脈拍数が速くなることによって眠りにつきにくい状態となります。また夜寝る前ではなくてもニコチンが体の中で分解されるまでは約2時間ほどかかってしまうので、熱器を良くするためにもタバコを吸う時間帯には注意が必要です。
Ejj5fi4c4qrsswjvhoqr

夜寝る直前まで触っている携帯にも注意

夜遅くまでインターネットをしたり、友達と連絡を取り合ったりと、寝る直前までパソコンや携帯の画面を見ていることも不眠の原因につながります。
Fuyzuzk3i9ttimlojmoe
Aqxwatiuydvunf73f451

画面ブルーライトの影響

人間の規則正しい睡眠&起床を助けてくれるメラトニンというホルモンが、スマホ、パソコンの画面から出るブルーライトという強い光のせいでまだ昼間だと脳は勘違いしてしまい、メラトニンの分泌量が抑制され脳が興奮状態となり、寝付けない症状を引き起こしてしまします。
Exnis6tcxzizjcnme3gm

夜眠くなるために抑えておきたいコツ

自分の寝つきやすくなる方法を知り、その方法をするにあたっての大事なポイントをしっかりおさえておくことが気持ちよく眠りにつけるコツとなってきます。 夜に眠れない状態が続いている方は大事なコツを抑えて質の良い睡眠ができるように自分に合った方法を探していきましょう。
Cv9ogvhym1uz50k1a7id

気持ちをリラックスさせることが大切

毎日の疲れやストレスはどうしてもなくならないもの。睡眠の妨げになるストレスを寝る前に少しでもなくし、不安や心配事などで気持ちが休まらず興奮状態となっている神経をしっかりとりラックスさせることが寝つきをよくすることにつながります。

夜寝る前のストレッチでリラックス効果

寝る前にストレッチを行うことも睡眠を促す良い方法とされています。ストレッチをすることによって血流が良くなり、身体的なリラックス効果を得ることができます。寝る前にストレッチを行うコツとしてはあまり頑張りすぎないことが大切です。激しくストレッチをしてしまうと逆に興奮状態となってしまい睡眠の邪魔となってしまいます。
Szdw5djnswdqxrcnvkor
L4h1qjnyqmfiqd2ebktq

湯船につかって体を温める方法

最近ではお風呂をシャワーだけで済ませてしまうことも多くなってきていますが、湯船につかりながら気持ちの疲れだけでなく体の疲れをほぐすことも寝つきを良くするコツのひとつです。自分に合った温度での入浴を行い、しっかりと体をリラックスさせることが大切です。

寝る前に飲むと良い飲み物

寝る前に飲むものとしてはカフェインを含んでいない飲み物を選ぶのがコツとなってきます。なるべく体の冷えてしまう冷たい飲み物は控えるようにし、暖かい飲み物で体を温めてあげる方法をとることがポイントです。

生姜湯や白湯がオススメ

生姜には体を温めてくれる効果があるので寝る前に生姜湯を飲むことも睡眠を促す方法につながります。寝る前に手足が冷えてなかなか寝付けないという方も生姜湯を飲むことによって体がポカポカと温まり、快適な眠りにつなげることができます。
Blw2ibladgn7oveq3trl
また、何の成分も入っていない白湯は胃に負担をかけることがないのでオススメです。簡単に作れて手軽に飲むことができることも良い点の一つです。あまりたくさん飲みすぎると夜中にトイレに行きたくなってしまうので適量に抑えるのがコツです。

夜寝る1時間前には携帯やパソコンをしないことも大切

寝る直前まで携帯を触ってしまうという方はせめて寝る1時間前には携帯画面を見るのをやめてみる、という方法をとってみましょう。携帯画面の明るさからくる脳の興奮状態を抑えるためにもはやめに画面を見ることを切り上げることが重要となってきます。
Zpsaikchz9wfpyxbkr9t
最近では脳を興奮させ睡眠の妨げとなるブルーライトを遮断してくれる眼鏡や携帯画面シールも販売されています。すべてのブルーライトをカットしてくれるというわけではありませんが、寝る前に画面を見ることをすぐにはやめることができない方はこういった簡単に試せる方法をオススメします。

寝る前にリラックスできる自分なりの方法を見つけることが大切

Iieaqrqo0rltklf9iprf
布団に入ってから自然な眠りにつくためにも、いつも寝る直前に行っている何気ない習慣を一度見返してみることが大切です。心地よい眠りにつくための寝る前にできるちょっとしたコツを掴むことを目標に、まずは簡単に試せることから探し始めてみてください!寝つきの悪さが改善され、自然に眠くなるきっかけとなります。