S7ddqyqfnh1lmm3gk1mo

デート

CATEGORY | デート

最高のキスのための体制6選!2人がもっと興奮できる!

2018.02.10

「恋人とのキスの体制がいつも同じで、なんだかつまらない」そんなふうに感じているカップルは意外と多いのではないでしょうか。付き合いが長くなってくると、キスの体制もいつもと同じでマンネリになってきがちですよね。この記事ではキスの体制を画像つきで6つご紹介します。

  1. キスの体制、マンネリになってない?
  2. 【恋人が喜ぶキスの体制①】立ったままの体制でキス
  3. 【恋人が喜ぶキスの体制②】頬に手をあてた体制でキス
  4. 【恋人が喜ぶキスの体制③】後ろから覗き込む体制でキス
  5. 【恋人が喜ぶキスの体制④】抱き上げた体制でキス
  6. 【恋人が喜ぶキスの体制⑤】強引に抱き寄せた体制でキス
  7. 【恋人が喜ぶキスの体制⑥】不意打ちの体制でキス
  8. 【いつものキスにひと工夫①】キャンディキス
  9. 【いつものキスにひと工夫②】スメルキス
  10. 新しいキスの体制を試してみよう
「恋人とのキスは好きだけど、いつもワンパターンで飽きてきちゃったかも」そんなふうに思っている人はいませんか?長い期間付き合っていると、付き合いたての頃にキスでドキドキした気持ちがだんだん薄れてきてしまいますよね。
そんなときにおすすめなのがキスの体制を変えてみること。キスの体制を変えるだけで、いつものキスとはまったく違うキスになるんですよ。キスがだんだんマンネリ化してきたな、というカップルにおすすめです。
この記事では、恋人が喜ぶこと間違いなしのキスの体制を画像つきでご紹介します。また、その体制への上手い誘導方法や、キスの体制を変える以外のマンネリ打破方法もご紹介します。新鮮な気持ちでキスをしてみたいカップルはぜひ読んでみてくださいね。
立ったままの体制でするキスは、特に身長差のあるカップルに相性のいいキスの体制です。身長差が頭ひとつ分くらいあれば、上の画像のように上手い具合にキスができるでしょう。
ちょっぴり背伸びをしてキスをする、というシチュエーションに憧れている女性も多いですから、身長差カップルの場合は立ったままの体制でキスをすると女性が喜ぶこと間違いなしです。
カップル同士で身長差がそこまでない場合でも、上の画像のように立ったままの体制でキスをすることができます。身長差がそこまでないカップルは、画像のように手をつないだ状態でキスをするのが、立った体制と相性がいいでしょう。
また、手をつないだ状態で、男性が上手い具合に少し手を下に引っ張ると、女性の姿勢が少し前かがみになりますから、身長差カップルと同じようにキスをすることもできます。
上の画像のように、両手で頬を包み込むように手をあてる体制でするキスは、安心感が得られたり、恋人との肌の触れ合いを楽しめるから、という理由で人気です。
上の画像では女性が男性の顔に手をあてていますが、実際は女性の方がこのようにしてもらいたいと思っている人が多いです。男性の大きくてゴツゴツしている感触の手でそっと顔を包み込まれることにキュンとする女性が多いようです。
頬に手をあてた体制でのキスをする上手いシチュエーションは、たとえば恋人がキスに照れてうつむいたりしたときに、優しく頬に手をあててこちらを向かせてからキスをする、といったような場合です。
頬に手をあてた体制のキスをするときのポイントは、優しく手をあてることです。力を入れてぎゅっとしてしまうと変な顔になってしまいますのでやめましょう。この体制のキスは、どんな身長差のカップルでも相性がいいので、ぜひ一度取り入れてみてくださいね。
後ろから覗き込む体制のキスは、普段なかなかする機会がないだけに、された側はドキッとすること間違いなしです。
後ろから覗き込んだ体制でキスをしようと思えば、後ろにいる人の顔の方が高い位置になければいけません。そのため、立った状態で後ろからキスをするときには、カップルのうち背の高い方が必然的に後ろとなりますね。上の画像のようなイメージです。
一般的にカップルで背の高い方といえば男性であることが多いので、「それではこのキスは女性からできないのか」と言われれば、そうではありません。
上の画像のように、男性が座っていて女性が立っている状態なら、女性の方が顔の位置が高くなりますから覗き込む体制でキスをすることができます。
このキスをするときの上手いシチュエーションは、たとえば待ち合わせで恋人が待っているところに、後ろから近づいて覗き込む体制でキスをする、などです。覗き込むキスをうまく取り入れて、ラブラブになってくださいね。
恋人を抱き上げてキスをするというのは、ちょっと女性がするのはハードルが高いかもしれませんね。基本的に抱き上げるのは男性の方になるでしょう。
恋人を抱き上げた体制でキスをするなんて普段めったにしませんよね。ですので、された方はドギマギして、忘れられないキスになることは間違いなしです。
恋人を抱き上げた体制でのキスと相性がいいカップルは、男性の体格がよく、かつ女性がスリムなカップルです。ちなみに、抱き上げるときには体を密着させた方が軽く感じますよ。
この体制でのキスは、とてもテンションが上がったときや、何か嬉しいことがあったときなどにすると2人の気持ちもより盛り上がるでしょう。特別なときのとっておきのキスにするのがいいかもしれませんね。
すこし強引なキスが好き!なんて女性は多いですよね。そのため、強引に引き寄せだ体制でのキスは、男性がすることが多くなりそうなキスです。
上の画像のように、恋人の背中から腰のあたりを手で抱き寄せながらキスをします。このときに、力を入れすぎてしまうと乱暴な感じになってしまうので、力加減はほどよくを心がけましょう。
また、女性を抱き寄せる場合、女性の履いている靴にも気を使ってあげてください。ハイヒールを履いている場合、いきなり引き寄せられると転んで怪我をしてしまうかもしれません。
強引に抱き寄せだ体制でするキスは、キスしたい!と思ったタイミングでするのがいいでしょう。キスをしたいという気持ちに任せてキスしちゃいましょう。
何かをしている最中にふと声をかけられ、顔をあげるとキスされる、などのシチュエーションでおこなわれる不意打ちのキス。このキスが好きだという人は多いですよね。
しかし、注意してほしいのは、恋人が人前でキスをしたがらない場合は、人前での不意打ちキスはやめておきましょう。せっかくのキスで恋人が不機嫌になってしまっては元も子もありません。
不意打ちの体制でのキスも、自分がキスしたいと感じたタイミングでした構いません。このキスはサプライズ感がとても重要になりますので、くれぐれもこれからキスをすることが恋人にバレないようにだけ気をつけましょうね。
キャンディキスというのは、読んで字のごとく、キャンディを使いながらするキスのことです。やり方は簡単です。カップルの片方がキャンディを1つ口に入れて舐めます。そしてすこしたったタイミングで恋人に軽くキスをして舐めていたキャンディを口移しで渡すだけです。
キャンディの種類はなんでも構いませんから、カップルで好きなキャンディを選んでおこなってくださいね。キャンディキスはキャンディを食べながらのキスですので、キスをしたときに甘い味がするのが嬉しいですよね。
キャンディキスは、カップルの間に愛情がないとできないキスですから、キャンディキスの上手い使い方はカップル同士の愛情を確かめるために使うことでしょう。キャンディキスを拒否されてしまった場合、カップルの間には愛情がないことや、相性が悪いということを示しているのかもしれません。
キャンディキスは遊び感覚でするものですから、キャンディキスの上手い使い方は、カップルでふざけ合っているときなどに使うといいでしょう。じゃれ合っているときにキャンディキスをすることで、カップルのラブラブさはさらに増すことでしょう。
スメルキスというのは、上の画像のように、お互いの鼻と鼻をくっつけておこなう「鼻同士のキス」になります。つまり、一般的なキスのように唇を合わせる代わりに、スメルキスは鼻をくっつけておこなうのですね、
スメルキスは、お互いの鼻先をくっつけ合うことで相手の匂いやフェロモンを感じることができるキスです。相手の匂いをいい匂いだと感じるカップルは相性がいいと言われているので、スメルキスによってカップルの相性を確かめることもできるんですよ。
スメルキスの上手い使い方は、スメルキスから始めて、だんだんと普段通りの唇を合わせるキスに変えていくという使い方です。
スメルキスは唇同士のキスのように、スメルキスをするだけで気持ちがよくなるということはありません。しかし上手い使い方をすることで、カップルがお互いの愛を確認できるキスなのです。
スメルキスをカップルですることができれば、それはお互いに求め合っている証拠になります。逆にスメルキスを拒否されるのであればあまりいい兆候とは言えません。スメルキスは、カップルでの相性や、愛情の確認手段になるんですね。
いかがでしたでしょうか。この記事では、恋人を喜ばせるキスの体制や、キスに加えるひと工夫についてご紹介しました。
ぜひカップルで取り入れて、普段とはひと味違ったキスでもっとラブラブに過ごしてみてくださいね。