V4uhwwd8ku39nq4rrsdk

俳優

CATEGORY | 俳優

宇津井健の嫁はだれ?再婚した?死因は病気?若い頃の画像は?

2018.06.14

2014年に亡くなられた俳優・宇津井健さん。宇津井健さんの再婚した嫁は誰なのでしょうか?また、宇津井さんの死因も知りたいですね。ここでは、宇津井健さんの再婚した嫁や死因、そして特撮など若い頃の画像や『相棒』の渋い演技などを今一度振り返ってみようと思います。

目次

  1. 【宇津井健の再婚した嫁は誰?病気や死因、遺産問題は?】プロフィール
  2. 【宇津井健の再婚した嫁は誰?病気や死因、遺産問題は?】経歴
  3. 【宇津井健の再婚した嫁は誰?病気や死因、遺産問題は?】日本初の特撮ヒーローは宇津井健!
  4. 【宇津井健の再婚した嫁は誰?病気や死因、遺産問題は?】『相棒』の警察庁長官役も宇津井健!
  5. 【宇津井健の再婚した嫁は誰?病気や死因、遺産問題は?】最初の結婚は?子供は?
  6. 【宇津井健の再婚した嫁は誰?病気や死因、遺産問題は?】亡くなる直前の再婚!
  7. 【宇津井健の再婚した嫁は誰?病気や死因、遺産問題は?】死因は?病気だったの?
  8. 【宇津井健の再婚した嫁は誰?病気や死因、遺産問題は?】遺産問題で嫁と息子が対立!
  9. 【宇津井健の再婚した嫁は誰?病気や死因、遺産問題は?】若い頃の画像!
  10. 【宇津井健の再婚した嫁は誰?病気や死因、遺産問題は?】まとめ

【名前】       宇津井 健(うつい けん)

【職業】       俳優   

【生年月日】     1931年10月24日

【没年月日】     2014年3月14日(82歳没)

【出身地】      東京都

【活動期間】     1952年~2014年

【身長】       173㎝

【血液型】      A型

【代表作】     スーパージャイアンツ、人間の壁、沈まぬ太陽、赤いシリーズ、タンポポ、渡る世間は鬼ばかり、相棒など

宇津井健さんは、1931年東京生まれの俳優です。

千葉県の高校を卒業後、早稲田大学に進学。在学中の1952年、俳優座養成所に入所します。

そして、1953年映画『思春の泉』で映画初主演で俳優デビュー。この作品では馬を乗りこなすスキルが要求されますが、その適任者がなかなか見つからず、当時大学では馬術部であった宇津井さんに白羽の矢が立ちます。

1954年には新東宝に移籍し、若手の映画スターとして活躍。

1957年には特撮『スーパージャイアンツ』に主演し、幅広い年代から人気を博します。

その後は新東宝が倒産したことで、大映に移籍。1960年代から1980年代半ばまで、大映ドラマの主要キャストとして活躍をします。

山口百恵さん主演の『赤いシリーズ』では、”山口百恵の父親役”として一世を風靡。

28157477 157741201551180 125560280817074176 n
引用: https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/vp/b1d76a5676d9c99fa0f1bd8491502295/5BA0739F/t51.2885-15/e35/28157477_157741201551180_125560280817074176_n.jpg

1973年にドラマ『たんぽぽ』に出演以来、橋田壽賀子さんの作品には頻繁に出演し、”橋田ファミリー”の一員として認識されます。

近年でも、ドラマ『ごくせん』では主人公の祖父役で出演するなど若い世代にも人気を得ます。晩年も様々な作品に出演し、老若男女問わず幅広い世代に認められた息の長い名優でした。

2014年3月14日、名古屋市内の病院で慢性呼吸不全にて逝去。82歳でした。

若い頃から様々な名作に出演をしてきた宇津井健さんですが、日本で初めての特撮作品に主演したのも宇津井健さんです!

1957年から1959年まで放送をされた『スーパージャイアンツ』にて、主人公のスーパージャイアンツを演じたのが宇津井健さん。日本では初めての特撮作品と言うことで、当時非常に人気を博した特撮作品です。

内容は子供向けの特撮ドラマであり、当時は日本初の特撮作品でしたので、主人公は全身タイツを履いて酸素のない宇宙空間を飛ぶなど、荒唐無稽な部分が見られます。

1 / 4