N75n3fkijf6nmyvboit2

俳優

CATEGORY | カテゴリー

斎藤工の映画好きがすごい!監督、評論、出演と全て網羅!おすすめ映画まとめ!

2018.06.11

斎藤工の映画好きがすごい!監督、評論、出演と全て網羅!おすすめ映画まとめ!映画マニアとしても知られている斎藤工さんの「おすすめ映画(評論)」「監督作品」「代表映画」「新作映画」なども紹介致します。予告編や関連動画が見つかった映画は動画も一緒にご紹介します!

目次

  1. 【斎藤工の映画好きがすごい!監督、評論、出演など】プロフィール
  2. 【斎藤工の映画好きがすごい!監督、評論、出演など】経歴
  3. 【斎藤工の映画好きがすごい!監督、評論、出演など】斎藤工のおすすめ映画まとめ
  4. 【斎藤工の映画好きがすごい!監督、評論、出演など】斎藤工の監督作品まとめ
  5. 【斎藤工の映画好きがすごい!監督、評論、出演など】出演映画、新作映画まとめ
  6. 【斎藤工の映画好きがすごい!監督、評論、出演など】映画『虎影』(動画アリ)
  7. 【斎藤工の映画好きがすごい!監督、評論、出演など】映画『昼顔』(動画アリ)
  8. 【斎藤工の映画好きがすごい!監督、評論、出演など】新作映画『去年の冬、きみと別れ』(動画アリ)
  9. 【斎藤工の映画好きがすごい!監督、評論、出演など】新作映画『のみとり侍』(動画アリ)
  10. 【斎藤工の映画好きがすごい!監督、評論、出演など】まとめ

斎藤工(さいとうたくみ)さんは1981年8月22日生まれで年齢は36歳です。東京都港区出身の俳優、映画監督です。身長は184㎝でブルーベアハウスに所属しています。代表作品はドラマ『ミス・パイロット』『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』映画『虎影』『団地』『昼顔』などです。

Dfoh5lfv4aa9fzz
引用: https://pbs.twimg.com/media/DfOh5LFV4AA9fZz.jpg

斎藤工さんの父親は東北新社という映画製作・配給などをする会社に勤めており、その影響で多くの映画を観て育ちました。現在までに多くの映画を鑑賞してきたそうです。典型的な映画マニアです。

小学校は東京シュタイナーシューレ(シュタイナー学園初等部・中等部・高等部)に通っていましたが、地元のサッカークラブに所属し、公立のサッカーの強い中学に進学したいという理由から6年生の時に転校したそうです。

高校時代からモデルとして活動しており、『メンズノンノ』『POPEYE』などの雑誌で活動していました。2001年映画『時の香り〜リメンバー・ミー』のプロデューサーにスカウトされ俳優としての道を歩む決意をし。映画やドラマに徐々に出演するようになりました。

Dfofqyjvaaew3ow
引用: https://pbs.twimg.com/media/DfOfQYjVAAEw3oW.jpg

2012年にはショートムービーの『サクライロ』で監督デビューし、2014年には『半分ノ世界』で監督し、2017年には『blank13』で第20回上海国際映画祭でアジア新人賞部門最優秀監督賞を受賞しました。今では日本一セクシーな俳優として世の女性の虜となるほどの俳優に成長しました。

映画マニアとしても知られている斎藤工さんがおすすめする映画を紹介するとともに「監督作品」「代表映画」「新作映画」なども紹介致します。予告編や関連動画が見つかった映画は動画も一緒にご紹介しますので、チェックして気になったら是非、鑑賞してみてください!

経歴でも紹介したように斎藤工さんは大の映画マニアです。そんな映画マニアの斎藤工さんがおすすめする映画を紹介致します。気になる映画がありましたら是非鑑賞してみてください!

映画『竜馬暗殺』(動画アリ)

映画『竜馬暗殺』はモノクロ映像で、1974年8月3日に公開された映画です。原田芳雄さん、石橋蓮司さん、桃井かおりさん、松田優作さん、中川梨絵さんなどが出演しています。

Djnfservaaaxnwc
引用: https://pbs.twimg.com/media/DJnfseRVAAAXnwC.jpg
【あらすじ】幕末という動乱期を背景に、坂本竜馬が暗殺されるまでの最後の2日間を描いた時代劇。慶応3年11月13日。海援隊の常宿“酢屋”から“近江屋”へ身を移す坂本竜馬。大いなる野望に燃える竜馬であったが、大政奉還後の権力闘争の狭間で、佐幕派はもちろん、勤皇派からも煙たがられる存在となっていた。身の危険は誰よりも感じていながら、近江屋での竜馬は意外なほど落ち着き払っていた。しかし、2日後に暗殺される竜馬には、この時すでに刺客の手がすぐそこまで近づいていた……。

映画『風の谷のナウシカ』(動画アリ)

映画『風の谷のナウシカ』は1984年3月11日に公開された宮崎駿さんの第二作目となる劇場アニメです。脚本、監督は宮崎駿さんで、日本を代表するアニメ監督高原勲さんや音楽界の巨匠久石譲さんなどもスタッフとして関わった作品です。

1 / 3