T381xoenm3bjngozooql

モデル

CATEGORY | カテゴリー

ダレノガレ明美のダイエット方法!ジュース?マッサージ?ブログは?

2018.06.09

ダレノガレ明美のダイエット方法!ジュース?マッサージ?ブログは?MAX68㎏あったダレノガレ明美さんが実際に行ったダイエット方法を紹介致します。紹介内容は「昔の画像」「有酸素運動」「筋トレ」「リンパマッサージ」「食事方法」「ジュース紹介!」「画像」などです。

目次

  1. 【ダレノガレ明美のダイエット方法!ジュース?】プロフィール
  2. 【ダレノガレ明美のダイエット方法!ジュース?】昔の画像
  3. 【ダレノガレ明美のダイエット方法!ジュース?】有酸素運動(ウォーキング)
  4. 【ダレノガレ明美のダイエット方法!ジュース?】有酸素運動(水泳)
  5. 【ダレノガレ明美のダイエット方法!ジュース?】筋トレ
  6. 【ダレノガレ明美のダイエット方法!ジュース?】リンパマッサージ
  7. 【ダレノガレ明美のダイエット方法!ジュース?】食事方法
  8. 【ダレノガレ明美のダイエット方法!ジュース?】ジュースをプロデュース!
  9. 【ダレノガレ明美のダイエット方法!ジュース?】美しすぎる画像集!
  10. 【ダレノガレ明美のダイエット方法!ジュース?】まとめ

ダレノガレ明美さんは1990年7月16日生まれの27歳で、ブラジルサンパウロ州出身のモデル、タレントです。身長は164㎝でスリーサイズは「B83W54H86」です。特技は野球・ソフトボール・短距離走だそうです。タメ口キャラでタレントとして多くのバラエティ番組に出演しています。

Cwkx6ffumaiffvc
引用: https://pbs.twimg.com/media/CwKX6FFUMAIffVC.jpg

中学時代はソフトボールで全国大会にも出場しているほどの実力を持っており、体重は60㎏以上あったことを告白しています。MAX体重は68㎏あったそうです。そこから見事にダイエットを成功され今ではくびれがあるほど素晴らしいスタイルをキープしています。そんな、ダレノガレ明美さんのトレーニング方法などを紹介します。また、ダレノガレ明美さんがプロデュースしているクレンズジュースを最後に紹介致します。

ダレノガレ明美さんは今でこそスタイル抜群な体型でお馴染みですが、非常に太りやすい体質のようです。外国の血が混ざっているとスタイルが良くなると思われがちですが、アジア人に比べ欧米人の方が平均体重やメタボ率は高いのが現状です。

Cbmina9uiae5efa
引用: https://pbs.twimg.com/media/CBMIna9UIAE5efa.jpg

つまり、外国の血が入っているダレノガレ明美さんは普通の日本人に比べたら太りやすいということになります。そんな、ダレノガレさんが今のスタイルをキープしているのであれば、普通の日本人も出来ないはずはありません。何もしないで痩せるのは不可能ですが、ダレノガレ明美さんのトレーニング方法や食事方法、マッサージ方法をしかっり行えば誰でもダレノガレさんのスタイルを目指すことは可能です!

今回はダレノガレ明美さんのブログなどで紹介しれている実際のトレーニング方法などを紹介致します!是非、ダレノガレ明美さんのダイエット方法を実践してみてください!

その前にダレノガレ明美さんの昔太っていた当時の写真をいくつか紹介致します。

昔の画像①

Dd9uodqu8ai3gh8
引用: https://pbs.twimg.com/media/Dd9uOdqU8AI3GH8.jpg

昔の画像②

Cirbdftusaa9pa0
引用: https://pbs.twimg.com/media/CIrBDFtUsAA9Pa0.jpg

昔の画像③

Cirbdfqveaam9hz
引用: https://pbs.twimg.com/media/CIrBDFqVEAAM9hz.jpg

昔の画像④

B7mz qkieaaj ej
引用: https://pbs.twimg.com/media/B7Mz_QkIEAAJ_EJ.jpg

昔の画像⑤

Cskbaglvaaavvyi
引用: https://pbs.twimg.com/media/CSKBaGLVAAAvvyi.jpg
Denkbqhvqaaxnko
引用: https://pbs.twimg.com/media/DenkBQhVQAAxnko.jpg

ウォーキングは消費カロリーはジョギングよりも低いですが、何と言っても続けやすいのがいいですね。実際にダレノガレ明美さんも何が何でも1日に一時間以上は歩くと決めて取り組んでいたそうで、時間に余裕がある時は6時間歩いたこともあるそうです。

ウォーキングはジョギングに比べ足への負担も少ないですし、続けることができる有酸素運動ですので、すぐにでも実践してみてください!

1 / 4