Sxmo46yfhziud395pter

芸能人

CATEGORY | カテゴリー

斎藤晴彦の死因は?家族情報!死去時は独身だった?クインテット?

2018.06.05

斎藤晴彦の死因は?家族情報!死去時は独身だった?クインテット?音楽業界では大変有名だった斎藤晴彦さんが無くなった死因とは?ご家族はいたのか?独身を貫き通していたのか?日本の音楽に力を吹き込んだ昭和クラシックを代表する斎藤晴彦さんの歴史をまとめてみました。

目次

  1. 【斎藤晴彦の死因は?家族情報!死去時は独身だった?クインテット?】プロフィール
  2. 【斎藤晴彦の死因は?家族情報!死去時は独身だった?クインテット?】どんな活動をしていたのか?
  3. 【斎藤晴彦の死因は?家族情報!死去時は独身だった?クインテット?】「音楽の冗談」は最高傑作?
  4. 【斎藤晴彦の死因は?家族情報!死去時は独身だった?クインテット?】ずっと独身だったのか?
  5. 【斎藤晴彦の死因は?家族情報!死去時は独身だった?クインテット?】死去の前日まで稽古していた?
  6. まとめ

本名:斎藤 晴彦、生年月日:1940年7月30日、出身地:東京都文京区。早稲田大学文学部演劇学科卒業の後、小劇団「劇団青俳」「発見の会」の団員となり活躍していました。

1986年にKDD(現・KDDI)のCMで起用された「カルメン」で替え歌が話題となり、知名度を上げました。同時はまだKDDとして運営していた現在のKDDIは、2002年11月に現社名の「KDDI株式会社」となっています。余談ですが、ここまで大きく成長した会社のCMソングを提供していた斎藤晴彦さんは、とてもすごい方だとおもいませんか?実は、この「カルメン」は、NHK音楽番組「クインテット」でもおなじみの曲であり、後に「女は軽麺」とご自身で作曲をし歌手としてもデビューを果たしています。

1980年代からは、映画に沢山出演するようになり俳優としても活躍していました。また、かの有名な「11PM」のメイン司会者としても2年ほど出演し、時の人となりました。

映画「フルメタル・ジャケット」では、日本語吹替でハートマンという重役を演じきり感動を与えました。ハートマン軍曹の吹替をするにあたり、かなりの長文を読まされ喉が潰れてしまう!と怒るというエピソードもあったようです。ハートマンという役柄を演じるのは、簡単なことではなかったようです。しかし、そのハートマンの声が大変マッチしていたことで、映画も日本で大成功を遂げた!といわれています。

1/3