2018年06月01日 UPDATE

和装メークのやり方のコツは?着物の日本美人は一重が有利?

日本文化である和装は、とてもおしゃれできれいなものです。和装メークや和装メークのコツについて、着物の選び方などについてなどをまとめました。和装に興味のある方、これから和装にチャレンジしたい方などは参考にしてみてください。

目次

  1. 和装メークのポイント①しっかりメイクが良い!
  2. 和装メークのポイント②いろいろな色を使わない
  3. 和装メークのポイント③目元と口元をきりっとさせる
  4. 和装メークの下地はコレ!
  5. 和装メークのコンシーラーはこだわろう!
  6. 和装メークのパウダーは顔の外側に向かって
  7. 和装メークの眉はアーチ型できまり!
  8. 和装メークのアイシャドウは着物の色に合わせよう
  9. 和装メークのリップはツヤを重視しよう
  10. 和装メークは雰囲気が大事!

和装メークのポイント①しっかりメイクが良い!

和装メイクのやり方といえば、やはりしっかりとした濃い目のメイクをすることが必要です。控えめな薄いメイクをしたほうが良いような気もしますが、しかり濃い目のメイクをすることがコツです。 着物を着ているときのメイクは、顔のパーツがはっきりするようなメイクをするのが良いのです。着物を着ているからといって、控えめなメイクにしないことがコツです。

やり方としては、いろいろなアイテムをそろえる必要がありますがナチュラルメイクというよりも、ナチュラルメイクより濃いメイクにしてはっきりとしたメイクを作るのがコツです。 一重の人と二重の人、それぞれに向いたメイク方法がありますので、その方法も次項でどんどん着物メイクとしてご紹介します。

和装メークのポイント②いろいろな色を使わない

和装メイクのやり方のコツとして、着物と違う色は使わないというものがあります。着物は着付けなどが大変で、着物を着てしまうと、その後、安心してしまう部分があります。 しかし、着物を着てしまって着物を着たことで安心して終わってしまうとメイクに入るときに着物とメイクの色合いがちぐはぐになってしまい、着物とメイクの両方を総合的に見るとあまりよいデザインになれなくなってしまいます。

そのため、メイクをするときは着物と合わせた色を選ぶのがコツでありポイントです。着物を着てしまうと安心して、すぐメイクに移ってしまいがちになってしまいます。 しかし、メイクと着物の色を合わせるというのがかなりポイントです。

和装メークのポイント③目元と口元をきりっとさせる

一重の人でも二重の人でも重要なのが、目元と口元をはっきりさせたメイクにするということです。着物を着ているときのメイク、和装をしているときのメイクはこれがポイントです。

濃いメイクに抵抗がある人もいるかもしれませんが、着物がもともと派手な服装となっているので、メイクもそれ相応のものにしないと逆に不自然になってしまいます。 濃いメイクをして、顔だちをはっきりとさせるメイクをすることが和装メイクのコツです。和装メイクのやり方はそのようなことをしっかりとさせることが重要なのです。

和装メークの下地はコレ!

和装メイクのコツとしては、下地をする前に、まず保湿をしかりとするやり方がおすすめです。和装メイクのポイントは、とにかく肌に潤いを出すことです。 和装メイクのコツは、とにかく保湿をすることです。下地を付ける前に、まずは保湿をしましょう。そして化粧水でしっかりと保湿をしたら、下地を付けます。 下地はいつもより明るい色合いのものを選ぶべきです。着物を着る場合、普段より明るい色にしたほうが見栄えがよくなります。

はっきりとした顔だちにすることが求められるので、見栄えが良いと思う顔だちにするように化粧は濃い目にするべきです。化粧を濃い目にして、顔だちをはっきりと見せるようにしましょう。

和装メークのコンシーラーはこだわろう!

シミやくすみが気になる場合はコンシーラーを使ってカバーしてください。着物メイクをするに当たって一番重要なのは、陶器のような肌を演出することです。 陶器のような肌にするためには、シミやくすみは厳禁です。一重の人でも二重の人でもコンシーラーはちゃんと使って肌のくすみをなくすことが着物メイクのコツです。

普段よりも少し派手目なメイクにすることがおすすめなので、コンシーラーもけちらずしっかりとしたものを選らんで使いましょう。 陶器のような肌を実現するためには、シミやくすみ、日焼け跡などはあってはならないので、その点を注意してコンシーラーを使ってみてください。

和装メークのパウダーは顔の外側に向かって

着物メイクのやり方のコツとしては、ファンデーションを付けたあとのパウダーの付け方を工夫するということが重要です。 ファンデーションですでに作った肌の上にパウダーをがっつりと載せてしまうと、作り込んだ肌でかなり厚化粧だという印象が強くなってしまいます。

そうならないように、パウダーは薄めに乗せるというやり方がおすすめです。コツとしては、ファンデーションはしっかり塗るものの、パウダーは薄めに載せるというところがポイントです。 パウダーを薄めに載せるというところがポイントで、さらにコツとして覚えておいてほしいのが外側に向けてパウダーを載せるということです。 パウダーを外側に向けるようにして、載せていくととてもきれいに仕上がるのでおすすめの方法です。

和装メークの眉はアーチ型できまり!

和装メイクのコツとして重要なのが眉毛の作り方です。やり方としては、アーチ眉にするととても和装メイクと合う感じのメイクになります。 和装メイクのコツとして、重要なのは、眉はアーチ型にすることです。きりっとした眉にしてしまうと、着物とは合わないので少しちぐはぐな感じのメイクになってしまいます。

そうならないように、眉はアーチ型に整えましょう。アーチ型に整える際は、柔らかな印象にするためにアイブロウパウダーを使いましょう。 ただ単に眉を整えるだけだと、少し物足りない印象になってしまうので、アイブロウパウダーなどで補ってきれいな眉を実現してください。

和装メークのアイシャドウは着物の色に合わせよう

一重の人でも二重の人でも、アイシャドウの色は着物に合わせるようにしましょう。それが和装メイクのコツの1つになります。 着物と別の色を選らんでしまうと、全体的にちかちかした印象になってしまい、和装メイクとしては失敗の部類に入ってしまいます。

日本ではよくラメ入りのものが売られていますが、そうなってしまっては意味がありません。できる限り着ている着物と同系色のアイシャドウを選らんで使ってください。 これは一重の人でも二重の人でも言えることであるのですが、一重と二重に限らず目元のポイントメイクはその人の印象を決定づけるものなので、注意してアイシャドウを選らんで使ってみてください。

和装メークのリップはツヤを重視しよう

着物メイクのポイントとして、上品なリップは外せません。リップのコツは薄いリップと濃いリップを2つ使うことによって、内側をぼかすようなイメージにすることが必要です。そうすることによって、和装メイクはとてもきれいに仕上がります。

リップグロスを2種類使うことによって、よりきれいな仕上がりになるようにできるのです。リップをきれいに仕上げることは、和装メイクのやり方のコツとして、とても重要な部分なので、そこは注意して取り組んでください。

和装メークは雰囲気が大事!

和装メイクのコツについてまとめました。和装メイクはとにかく顔だちをはっきりとさせることが重要です。そのため、濃淡のあるリップを使ったり、一重の人でも二重の人でもアイシャドウは着物と同系色を選んだりするなどの工夫が必要です。 和装のメイクのコツはとにかくはっきりと濃い目のメイクをすることです。そのためには、口元や目元などをはっきりとさせることも大変有効です。

アイシャドウやリップなどの選び方には気を付けてください。そして保湿も重要なポイントなので、二重の人でも一重の人でもたくさん保湿をしたあとに、濃い目の下地を付けて、そして最後にファンデーション、パウダーと続けてみてくださいね。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.pakutaso.com/20151203350post-6467.html