Nlozaz3y8ersw7zi0fs5

メイク

CATEGORY | メイク

和装メークのやり方のコツは?着物の日本美人は一重が有利?

2018.06.01

日本文化である和装は、とてもおしゃれできれいなものです。和装メークや和装メークのコツについて、着物の選び方などについてなどをまとめました。和装に興味のある方、これから和装にチャレンジしたい方などは参考にしてみてください。

目次

  1. 和装メークのポイント①しっかりメイクが良い!
  2. 和装メークのポイント②いろいろな色を使わない
  3. 和装メークのポイント③目元と口元をきりっとさせる
  4. 和装メークの下地はコレ!
  5. 和装メークのコンシーラーはこだわろう!
  6. 和装メークのパウダーは顔の外側に向かって
  7. 和装メークの眉はアーチ型できまり!
  8. 和装メークのアイシャドウは着物の色に合わせよう
  9. 和装メークのリップはツヤを重視しよう
  10. 和装メークは雰囲気が大事!

和装メイクのやり方といえば、やはりしっかりとした濃い目のメイクをすることが必要です。控えめな薄いメイクをしたほうが良いような気もしますが、しかり濃い目のメイクをすることがコツです。

着物を着ているときのメイクは、顔のパーツがはっきりするようなメイクをするのが良いのです。着物を着ているからといって、控えめなメイクにしないことがコツです。

やり方としては、いろいろなアイテムをそろえる必要がありますがナチュラルメイクというよりも、ナチュラルメイクより濃いメイクにしてはっきりとしたメイクを作るのがコツです。

一重の人と二重の人、それぞれに向いたメイク方法がありますので、その方法も次項でどんどん着物メイクとしてご紹介します。

和装メイクのやり方のコツとして、着物と違う色は使わないというものがあります。着物は着付けなどが大変で、着物を着てしまうと、その後、安心してしまう部分があります。

しかし、着物を着てしまって着物を着たことで安心して終わってしまうとメイクに入るときに着物とメイクの色合いがちぐはぐになってしまい、着物とメイクの両方を総合的に見るとあまりよいデザインになれなくなってしまいます。

そのため、メイクをするときは着物と合わせた色を選ぶのがコツでありポイントです。着物を着てしまうと安心して、すぐメイクに移ってしまいがちになってしまいます。

しかし、メイクと着物の色を合わせるというのがかなりポイントです。

一重の人でも二重の人でも重要なのが、目元と口元をはっきりさせたメイクにするということです。着物を着ているときのメイク、和装をしているときのメイクはこれがポイントです。

濃いメイクに抵抗がある人もいるかもしれませんが、着物がもともと派手な服装となっているので、メイクもそれ相応のものにしないと逆に不自然になってしまいます。

濃いメイクをして、顔だちをはっきりとさせるメイクをすることが和装メイクのコツです。和装メイクのやり方はそのようなことをしっかりとさせることが重要なのです。

和装メイクのコツとしては、下地をする前に、まず保湿をしかりとするやり方がおすすめです。和装メイクのポイントは、とにかく肌に潤いを出すことです。

和装メイクのコツは、とにかく保湿をすることです。下地を付ける前に、まずは保湿をしましょう。そして化粧水でしっかりと保湿をしたら、下地を付けます。

下地はいつもより明るい色合いのものを選ぶべきです。着物を着る場合、普段より明るい色にしたほうが見栄えがよくなります。

1 / 3