Qxed8yigiesyetuhjxgp

メイク

CATEGORY | カテゴリー

クマをコンシーラーで隠したい!浮かないおすすめの塗り方は?

2018.06.02

コンシーラーは肌悩みを隠してくれる優秀なアイテムですね。でも、クマを隠したつもりがういてしまったり、しわが目立ってしまったりする場合も。そこで、正しい色選びや正しい塗り方をご紹介します。コンシーラーを上手く利用してクマやニキビを綺麗にカバーしましょう。

目次

  1. 【コンシーラーでクマを消そう!】コンシーラーとは?
  2. 【コンシーラーでクマを消そう!】コンシーラーの種類は?
  3. 【コンシーラーでクマを消そう!】コンシーラーを使う順番は?
  4. 【コンシーラーでクマを消そう!】クマへのコンシーラーの選び方は?
  5. 【コンシーラーでクマを消そう!】クマへのコンシーラー・おすすめの塗り方は?
  6. 【コンシーラーでクマを消そう!】コンシーラーでしわが目立たないようにする工夫は?
  7. 【コンシーラーでクマを消そう!】コンシーラーがうく原因は?
  8. 【コンシーラーでクマを消そう!】ニキビ・ニキビ跡へのコンシーラーの選び方は?
  9. 【コンシーラーでクマを消そう!】ニキビ・ニキビ跡へのコンシーラー・おすすめの塗り方は?
  10. コンシーラーを賢く使って肌の悩みを解消しよう!
Ai img 7793 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/AI_IMG_7793_TP_V.jpg

まず、コンシーラーとは何かについてみていきましょう。コンシーラーとファンデーションはどちらも同じ肌色をしていますが、何が違うのでしょう。コンシーラーとファンデーションは、どちらも、肌を、よりキレイに見せるためのものですが、ファンデーションは肌全体に使用するものに対して、コンシーラーは、クマやニキビなど、肌にトラブルがある部分をカバーするため、一部の場所に使用します。

コンシーラーは、ファンデーションに比べて一部分をカバーするため、粘着力が高い成分が含まれているものが多くなっています。そのため、仮りに、ファンデーションの代わりとして顔全体に塗ってしまうと、全体的にベッタリした重い印象になったり、肌への負担が大きくなったりしてしまいますので、コンシーラーは部分的に使うようにしましょう。

コンシーラーは、種類も豊富にあり、パウダータイプ、リキッドタイプ、クリームタイプ、スティックタイプなどがあります。手軽さやナチュラルメイクに使用するならパウダータイプ、高いカバー力を求めるならスティックタイプ、カバー力や保湿効果を求めるならリキッドタイプやクリームタイプを使用しましょう。

全体的に、ツヤ感を大事にしたメイクにしたい場合はリキッド、マットな肌にしたい場合はクリーム、透明感のある肌にしたい場合はスティックタイプやパウダータイプといった具合に使い分けるといいでしょう。

コンシーラーは、使用するファンデーションによって使う順番が変わります。リキッドやクリームタイプのファンデーションを使用する場合には、ファンデーションの次にコンシーラーを使った塗り方をして、クマやくすみに気になる部分に重ねます。そして、最後に仕上げ用のパウダーを使うといった塗り方をします。

そして、パウダータイプのファンデーションを使用する場合の塗り方は、ファンデーションの前にコンシーラーを使ってクマやくすみが気になる部分をカバーしてからパウダーファンデーションで仕上げるといった塗り方をします。そうすることで、コンシーラーとファンデーションが馴染み、コンシーラーがうくことを防止することができます。

クマをコンシーラーで隠す場合は、クマのタイプに合わせたコンシーラーでカバーすることがおすすめされています。まず、青いクマには、オレンジ系のコンシーラーやピンク系のコンシーラーがおすすめです。つぎに、黒いクマには、クマの色よりもワントーン明るい色のコンシーラーがおすすめです。そして、茶色いクマには、イエロー系やオレンジ系のコンシーラーがおすすめです。

1 / 4