2018年06月04日 UPDATE

皇太子さまの誕生日はどうなる?次の天皇誕生日は2月23日になる?

現在、天皇の誕生日(12月23日)は祝日です。2019年5月1日の皇太子さま即位後は、皇太子さまの誕生日(2月23日)が祝日になります。では、現在の天皇の誕生日はどうなるのでしょうか?年号が変わると、天皇の誕生日はどうなるのか、検証していきます!

目次

  1. 【皇太子さまの誕生日2月23日はどうなる?】新しい元号になるのはいつ?
  2. 【皇太子さまの誕生日2月23日はどうなる?】天皇の誕生日は変わる?
  3. 【皇太子さまの誕生日2月23日はどうなる?】現在の天皇の誕生日はどうなるの?
  4. 【皇太子さまの誕生日2月23日はどうなる?】過去の天皇の誕生日と祝日
  5. 【皇太子さまの誕生日2月23日はどうなる?】皇太子さまは名前が変わるの?
  6. 【皇太子さまの誕生日2月23日はどうなる?】2019年の天皇の誕生日はナシ??
  7. 【皇太子さまの誕生日2月23日はどうなる?】雅子さまはどうなるの?
  8. 【皇太子さまの誕生日2月23日はどうなる?】雅子さまのご病気は?
  9. 【皇太子さまの誕生日2月23日はどうなる?】雅子さまは英語がペラペラ??
  10. 【皇太子さまの誕生日2月23日はどうなる?】まとめ

【皇太子さまの誕生日2月23日はどうなる?】新しい元号になるのはいつ?

Pehz20utz3u0c3yuttqq
引用: https://pixabay.com/ja/%E6%97%A5%E6%9C%AC-%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%B0-%E5%9B%BD%E6%97%97-%E5%9B%BD-%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%B3-%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%AB-%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E3%81%AE%E6%97%97-%E7%8A%B6%E6%85%8B-162328/
現在の天皇である今上天皇(在位中の天皇を呼ぶ呼称)は、2019年4月30日をもって、退位をすることが決定しています。
そして、現在の皇太子さまが5月1日新しい天皇として即位をされ、新元号となります。
天皇の生前退位は、1817年光格天皇が行って以来、約200年ぶりであり、現行憲法の下では初めてとなります。
「平成」の世が終わるまで、あと1年を切りましたが、新元号の発表時期はまだ定まっておらず、様々な憶測が呼んでいます。
Uny9ygsakopsn1baybzw
引用: https://pixabay.com/ja/自然-植物-花-桜-日本-春-ピンク-春の花-1225186/

【皇太子さまの誕生日2月23日はどうなる?】天皇の誕生日は変わる?

現在の天皇(今上天皇)のお誕生日は、12月23日です。
この日は、「天皇の誕生日」として祝日になっています。
この日は、”天皇の誕生日を祝うこと”を趣旨とされており、国民の祝日に関する法律の下では、天皇の誕生日は祝日になると決められています。
皇太子さまが即位をされると、2019年5月1日より新元号、新天皇となりますので、この「天皇の誕生日」は皇太子さまの誕生日である「2月23日」に変更されます。
つまり、2020年より、2月23日が「天皇の誕生日」として祝日に追加されるのです。

【皇太子さまの誕生日2月23日はどうなる?】現在の天皇の誕生日はどうなるの?

では、今上天皇のお誕生日である、12月23日はどうなってしまうのでしょうか?
Etlyhftrfrfjxiezmnkr
引用: https://pixabay.com/ja/禅-庭-瞑想-修道士-石-竹-残り-リラクゼーション-忍耐-2040340/
新元号、新天皇になった後は、現在の天皇は退位をなさりますので、”天皇”ではなくなってしまいます。ですので、12月23日は、「天皇の誕生日」としての祝日はなくなります。
ですが、過去の天皇の誕生日は、他の名目で祝日として残っている場合もあるようです。
今上天皇のお誕生日である12月23日は、ちょうどクリスマス時期と重なりますので、祝日であれば助かる国民も多いとは思いますが、現段階では祝日として残るかどうかはわかっていません。
Etra8xpmff6vdyilkjtn
引用: https://pixabay.com/ja/秋-山地-光彩-紅葉-10月-白神山地-ブナ原生林-2183489/

【皇太子さまの誕生日2月23日はどうなる?】過去の天皇の誕生日と祝日

O2xqoeeprggumtpvdyze
引用: https://pixabay.com/ja/日本-秋-紅葉-日本の秋-風景-葉-自然-モミジ-樹木-1805862/
では、過去の天皇の誕生日はどうなっているのでしょうか?祝日として残っているのか調べてみました!
まず、明治天皇のお誕生日から振り返ってみましょう。
明治天皇のお誕生日である11月3日は、現在「文化の日」という祝日になっています。
しかしながら、この文化の日は、明治天皇が崩御されてからすぐに祝日になったわけではありません。この日は、大正に元号が変わってからは平日として扱われていたのですが、”近代日本の礎を築いた明治天皇の功績を後世に残していくためにも、この日を祝日にしよう”という動きがあり、昭和2年に「明治節」という名目で祝日になりました。
しかし、第二次世界大戦敗戦後は、当時日本を占領していたGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)は、昭和22年にこの明治節を廃止します。日本の弱体化を目指していたGHQは、天皇と国民とのつながりを排除したいと考えたのです。
そして、「明治節」が廃止された後の昭和23年からは、11月3日は「文化の日」として祝日に付け加えられました。
では、次に大正天皇のお誕生日である8月31日。
この日は、現在祝日ではありません。
明治天皇のような大きな功績を残したわけでもなく、大正は15年間という短い期間だったためか、後世に残していこうという動きがなかったようです。そのため、大正天皇が崩御以降はこの日は祝日とはなっていません。
そして、昭和天皇のお誕生日である、4月29日。
この日は、昭和天皇が崩御以降、「みどりの日」として祝日として残っていました。現行の祝日法では、天皇が崩御された後は新しい天皇の誕生日が祝日となるため、過去の天皇の誕生日を祝日として残す決まりはありません。
ですが、昭和天皇のお誕生日は、4月29日とゴールデンウイークに影響をする祝日であったため、廃止をすることで国民に影響が出る恐れがあることを考慮し、「みどりの日」として祝日を残すことにしたのです。
その後は、2007年に行われた法改正により、この「みどりの日」は「昭和の日」と改められました。そして、今までは「国民の休日」であった5月4日が、「みどりの日」に改められることになったのです。
現在の今上天皇のお誕生日である12月23日は、クリスマス時期にあたり、クリスマス商戦の影響を色濃く受ける日程ではありますが、このまま祝日として残るのか、気になるところですね!
Ajvbn07cdqf8hydkofpk
引用: https://pixabay.com/ja/オーキッド-花-ビール-無罪-結婚式-クローズ-アップ-繁栄-1378717/

【皇太子さまの誕生日2月23日はどうなる?】皇太子さまは名前が変わるの?

皇太子さまのお名前は、「徳仁(なるひと)」さまと言います。
皇太子さまは皇室の方ですので、下のお名前のみ。私たち一般的な国民のように、「姓名」はありません。生まれながらに「徳仁」さまというお名前のみなのです。
現在は、お名前である徳仁さまという呼称よりも、「皇太子さま」「皇太子殿下」と言った呼称で呼ばれることが多いため、国民の中には皇太子さまのお名前を知らない方もいるでしょう。
皇太子さまが即位をされて天皇となると、お名前である「徳仁」さまが変わるわけではありません。ですが、「皇太子」さまと言った呼称はなくなり、「天皇陛下」「今上天皇」という呼称に変わります。
Qmp4le7tfcxriyvaho7v
引用: https://pixabay.com/ja/京-日本-竹-ボケ味-冒険-森林-旅行-1860521/

【皇太子さまの誕生日2月23日はどうなる?】2019年の天皇の誕生日はナシ??

2019年4月30日に、今上天皇は退位をされ、現在の皇太子さまが新天皇として即位をされます。
Hqnkdxfzc7ihclfwm5sc
引用: https://pixabay.com/ja/春鳥-鳥-春-青-開花ツリー-自然-支店-ツリー-2295431/
今上天皇のお誕生日は12月23日。そして、皇太子さまのお誕生日は2月23日。
5月1日に皇太子さま即位後は、今上天皇の誕生日である12月23日は天皇の誕生日ではなくなります。そして、新天皇の誕生日は、翌年の2020年2月23日。この日が天皇の誕生日で祝日となります。
つまり、2019年の天皇の誕生日は「存在しない」ことになります。

【皇太子さまの誕生日2月23日はどうなる?】雅子さまはどうなるの?

現在は、「皇太子妃雅子さま」という呼称で呼ばれている雅子さまですが、皇太子さまが即位をされて天皇になると、呼称も変わります。
天皇のお后は、「皇后」になりますので、雅子さまは「皇后雅子さま」という呼称になるのです。
雅子さまもお名前自体が変わることはありませんが、今後は皇后さまとして呼ばれることになりますね。

【皇太子さまの誕生日2月23日はどうなる?】雅子さまのご病気は?

皇太子妃雅子さまは、2004年に「適応障害」というご病気を患われていることが発表されました。
皇室特有のストレスや、雅子さま自体の人格を否定するような発言があったと皇太子さまも仰っており、私たち国民からは想像を絶するような心労が積み重なった結果、ご病気を患われたと思われます。
一時は、ご公務を激減させ、ご病気の治療を最優先に考えられる生活をされていましたが、現在はご病気の病状も少しずつ回復をされているようです。
現在は、少しずつご公務も増やしつつあり、外国訪問などをする機会も増えていっているようです。少しでも、ご病気が完治することを望みたいところですね。

【皇太子さまの誕生日2月23日はどうなる?】雅子さまは英語がペラペラ??

雅子さまの父親は元外交官であり、雅子さまは幼少期からお父様の仕事の関係で、旧ソビエト、スイス、アメリカなどの海外で過ごした経緯があります。そのため、帰国子女にあたり、ロシア語、英語もネイティブ並みに操ります。
Gxowfwpxpmnhiupfweac
引用: https://pixabay.com/ja/%E6%A9%9F%E9%96%A2%E8%BB%8A-%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%AB-%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2-%E9%9B%BB%E8%BB%8A-%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF-%E7%85%99-%E8%92%B8%E6%B0%97-60539/
米国の超名門大学であるハーバード大学を卒業されており、外交官として外務省に入省。女性初のキャリア官僚として、大きく世界で活躍をします。
雅子様の英語力はもちろん完璧。お妃教育でも、英語学習は免除されています。
今後、皇太子さまが即位をされて新天皇となると、皇后さまとして海外に訪問をする機会や、外国の方々と英語で交流をする機会も格段に増えるでしょう。ご病気の症状は気になりますが、雅子さまであれば、英語はペラペラですので、コミュニケーションには問題がありませんね!
Tgik1wjh7p7mngb1wr0k
引用: https://pixabay.com/ja/知識-本-ライブラリ-メガネ-教科書-情報-教育-文学-1052010/
また、皇太子さまも英語を話します。雅子さまほどではありませんが、イギリスのオックスフォード大学に留学をされていたご経験もありますので、英語力は期待ができるようです!

【皇太子さまの誕生日2月23日はどうなる?】まとめ

今回は、「天皇の誕生日」である祝日についてご紹介しました。
皇太子さまが即位をされる2019年5月1日からは新元号となり、「天皇の誕生日」も2月23日に変更されます。
現在の今上天皇の誕生日である12月23日は、今後祝日として残るかどうかは不明ではありますが、過去には天皇の誕生日がそのまま祝日として残るケースもあるようです。
また、皇太子さまが即位をされると、雅子様は皇后さまとなり、公務も増えていきます。病気の症状が心配ではありますが、英語力も完璧ですので海外との交流にも力を発揮してくれることでしょう!
国民としては、新しい元号と新天皇の誕生に敬意を払い、新天皇の門出を祝いたいと思います。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pixabay.com/ja/マグノリアの木-春-花-開花ツリー-ピンク-5-月-556718/