Em2gkrgwwl4b6r7bwbqi

メイク

CATEGORY | カテゴリー

乾燥肌のファンデはパウダー?クリーム?ボロボロになりがちな人は?

2018.06.07

乾燥で肌がボロボロになりやすい人は保湿効果の高いファンデーションを選びましょう。乾燥がひどい時はパウダーファンデーションとクリームファンデーションのどちらが最適でしょう?ここでは、肌のうるおいをキープして保湿効果があるファンデーションをご紹介します。

目次

  1. 【乾燥肌のファンデ】パウダーとクリームどちらが肌にいい?
  2. 【乾燥肌のファンデ】なぜ肌が乾燥するの?
  3. 【乾燥肌のファンデ】肌に欠かせない保湿成分
  4. 【乾燥肌のファンデ】肌に注意が必要な刺激成分
  5. 【乾燥肌のファンデ】リキッド・クリームファンデ
  6. 【乾燥肌のファンデ】クレンジング不要のファンデ
  7. 【乾燥肌のファンデ】まとめ
Zjlazswgg5bewrrategf
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1524544360/zjlazswgg5bewrrategf.jpg

乾燥肌の方はファンデ選びに迷ってしまいますね。特にお肌が乾燥してボロボロではファンデがキレイにのりません。パウダーファンデとクリームファンデどちらを選んだらよいのでしょう?

乾燥しているお肌には、保湿効果が高いファンデがおすすめです。パウダーファンデよりも油分が多いクリームファンデまたはリキッドファンデが最適でしょう。ファンデに保湿成分や美容成分が含まれているので長時間たっても潤いが続きます。ファンデを化粧のためでなく肌を保護し乾燥させないために使うと良いでしょう。

Y1syefdkfcz60milcgbh

そもそも、なぜ肌は乾燥に傾くのでしょう?生まれつきの乾燥肌体質もあるでしょうが、洗顔のしすぎも考えられますので、洗浄力がマイルドで皮脂を取りすぎない洗顔料や石鹸がおすすめです。

セラミドを逃さない

乾燥肌は、角質層の水分が少なくなっているため乾燥してしまうのです。加齢や洗顔のし過ぎにより肌のセラミドが減少することが原因です。セラミドが肌の水分量のほとんどを維持する役割を果たすので、肌が乾燥して困っている方は、肌の水分を逃さないために、セラミドを補うようにすると良いでしょう。

刺激の強いクレンジングに注意

肌内部のセラミドがなくなる原因のひとつは、クレンジングの界面活性剤によるものがあります。メイクを落とすにはクレンジングが必要ですが、クレンジング効果の強いものはなるべく避けることが肌の乾燥予防につながります。あまり、乾燥が治らない場合には、石鹸で落ちるファンデを使うと良いかもしれませんね。

ボロボロ肌でもキレイに見せたい

乾燥で肌がボロボロでもお肌をキレイに見せたいですね。皮がむけたり、荒れている箇所をファンデで隠したいと思う方もいるでしょう。そういった場合でも、肌に炎症がおきていなければカバー力のあるファンデで見せたくないところを隠すことは可能です。

ボロボロ肌を美肌に見せるなら、リキッドかクリームファンデがおすすめです!

Ai img 7789 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/AI_IMG_7789_TP_V1.jpg

乾燥肌に必要なセラミドは脂質なので、美容液やクリーム、オールインワンに配合されていることが多いです。セラミドが入っているファンデーションなら、乾燥肌の方には一石二鳥かもしれません。

乾燥肌の方には、洗顔後の保湿が必要です。洗顔後に何もつけずにいると肌は乾燥してしまいます。特に洗浄力の強いクレンジングや洗顔料を使っている方は要注意!乾燥により肌のバリア機能が失われるため、ひどくなるとかゆみや炎症を起こしてしまいます。乾燥が気になる方は洗顔後には保湿をすることが重要です。

1 / 2