H62xqcv1pldmkehravwm

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

シミを消したい時に使えるクリーム・化粧水!薬局で買える商品は?

2018.05.25

シミを消したいと思っている女性は多いのではないでしょうか。そこで、薬局で買える美白におすすめの化粧水やクリームをご紹介します。また、シミを予防する方法やできてしまったシミの対策方法もみていきましょう。シミを消したいと感じている女性必見です!

目次

  1. 【シミを消したい!】シミとは?
  2. 【シミを消したい!】シミを予防するには?
  3. 【シミを消したい!】シミ予防に良い食べ物は?
  4. 【シミを消したい!】できてしまったシミには?
  5. 【シミを消したい!】薬局で買えるおすすめの化粧水
  6. 【シミを消したい!】薬局で買えるおすすめの化粧水・1000円以下のプチプラ
  7. 【シミを消したい!】薬局で買えるおすすめのクリーム
  8. 【シミを消したい!】局で買えるおすすめのクリーム・1000円前後のプチプラ
  9. 【シミを消したい!】シミを消したいときの食べ物は?
  10. シミは外側と内側の両方からケアを!
Sgnikibiimgl7902 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/SGnikibiIMGL7902_TP_V.jpg

肌は、紫外線を浴びるとダメージから守るためにメラノサイトからメラニンを発生させます。メラニンは茶褐色の色をしているため、紫外線を浴びた肌は茶色く変化しますが、肌の生まれ変わりであるターンオーバーが正常に行われている肌であれば、メラニンを含んだ角質は徐々に剥がれ落ちる仕組みになっているため、元の肌色に戻っていきます。

Skincareimgl9314 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/skincareIMGL9314_TP_V.jpg

でも、肌のターンオーバーが正常に行われていなかったり、莫大な量の紫外線を浴びてメラニンが大量に発生したりすると、メラニンを含んだ角質がうまく剥がれ落ちなくなり、肌にメラニンが蓄積され、茶色い跡となり肌に残ります。これがシミとなります。

Skincareimgl7800 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/skincareIMGL7800_TP_V.jpg

シミの原因は、紫外線です。紫外線は浴びた瞬間からほんの数秒で肌の奥まで届くといわれています。また、紫外線にはUV-A波とUV-B波がありますが、シミの元となるのがUV-B波です。そのため、シミを作らせないためには紫外線、とくにUV-B波から肌を守る必要があります。

Skincareimgl9328 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/skincareIMGL9328_TP_V.jpg

紫外線から肌を守るには、つねに肌に日焼け止めを塗っておくことが大切です。また、日焼け止めには、SPFとPAという表示がありますが、シミの原因となるUV-B波から肌を守る数値を表したものがSPFです。シミを作らないようにするには、SPF値を目安にして日焼け止めを選ぶとよいでしょう。

Ichigo0i9a7669 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/ichigo0I9A7669_TP_V.jpg

日頃からシミを予防するには、日焼け止めなどの外からの予防と、食べ物などの内側からの予防が効果的です。シミ予防に良いとされている食べ物は、ビタミンCを多く含んだ食べ物やリコピンを多く含んだ食べ物です。ビタミンCが多く含まれている食べ物は、オレンジなどの柑橘系の食べ物、キウイ、アセロラ、ブロッコリー、パパイヤ、ピーマンなどです。リコピンを多く含んだ食べ物はトマトが代表的でしょう。

Photoelly036 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/Photoelly036_TP_V.jpg

また、ビタミンCは体内に溜め込むことができない水溶性のビタミンなので、1度にたくさん摂取しても体外に排出されてしまいますので、食事のたびにこまめに摂取することが望ましいとされています。また、レモンやグレープフルーツといった柑橘系の食べ物は、ビタミンCが豊富である反面、「ソラレン」といった紫外線の感受性を強める作用のある成分が配合されているため、シミを出来やすくしてしまうことになるので、夜に食べることがおすすめされています。

1 / 3