Fo0a9hgpy3s1lp5pn02q

セルフネイル

CATEGORY | カテゴリー

ネイルに気泡が!簡単修正する方法は?原因は塗る前のアレ?

2018.06.02

ネイルに気泡が入ってしまうと焦ってしまいますよね?せっかくネイルをしたのにやり直すのは大変です。今回はネイルに気泡が入る原因と、気泡が入ってしまった時の対処方法についてご紹介します。ジェルとマニキュアでは対処方法が少し変わってきます。

目次

  1. 【ネイルに気泡が!】ネイルに気泡が入る原因は?<マニキュア編>
  2. 【ネイルに気泡が!】ネイルに気泡が入る原因は?<ジェル編>
  3. 【ネイルに気泡が!】気泡が入りにくい塗り方<マニキュア編>
  4. 【ネイルに気泡が!】気泡が入りにくい塗り方<ジェル編>
  5. 【ネイルに気泡が!】ネイルに気泡が入ってしまった場合の対処方法<マニキュア編>
  6. 【ネイルに気泡が!】ネイルに気泡が入ってしまった場合の対処方法<ジェル編>
  7. 【ネイルに気泡が!】ネイルに気泡が入ってしまった場合のごまかし方は?
  8. 【ネイルに気泡が!】マニキュアが剥がれてきた時の修正方法
  9. 【ネイルに気泡が!】ジェルネイルが剥がれてきた時の修正方法
  10. 【ネイルに気泡が!】まとめ

マニキュアを塗った時にできる気泡の原因についてご紹介します。原因さえ分かれば対処もできますよね?何故マニキュアを塗った時に気泡ができてしまうのでしょうか?

爪の表面がボコボコ

爪の表面はなめらかに見えても、実は目に見えにくい凹凸があります。そんな凹凸がある爪にマニキュアやジェルなどを塗ると気泡になってしまうことがあります。爪に凹凸ができてしまう原因の1つは、除光液を使ってネイルを落とすのではなく爪を剥がしてネイルを落としてしまうと爪を傷つけて爪の表面が凹凸になってしまいます。

マニキュアの瓶を振ってしまう

ラメやパール入りのマニキュアは、下に沈みやすくなっているので塗る前に瓶を振ったり筆でかき混ぜたりしてしまいがちです。強く瓶を振ってしまうと空気が入りやすくなり気泡の原因になってしまいます。また強くかき混ぜすぎても気泡の原因となってしまいます。ボトルを優しく傾けるだけでも混ざるので、必要以上に強く混ぜたり振ったりしないようにしましょう。

セルフでジェルネイルをした時も気泡ができてしまうことがあります。ジェルが硬化してしまえば修正が効かなくなってしまいます。ジェルネイルで気泡ができる原因についてご紹介しましょう。

ジェルの混ぜ方が荒い

ジャータイプのジェルは液の濃さを均一にしてから使いますが、均一にする際つまようじを使って混ぜます。その混ぜ方が強いと空気が入りやすくなり気泡が出来てしまう原因になります。必要以上に混ぜすぎず優しくゆっくり混ぜるように心がけましょう。

爪に筆を使ってのせた時、筆を何度も動かす

爪の上に筆を使ってジェルをのせる時、筆を何度も動かしてしまうとジェルが泡立ってしまい気泡の原因になってしまいます。よくやってしまいがちですが、ジェルを爪にのせる場合は手早く塗るようにしましょう。

1/5