Dntiaksacvoikbcphqh3

お笑い芸人

CATEGORY | お笑い芸人

ケーシー高峰 現在は引退?子供は?医師免許?報道ステーション?

2018.05.23

医者と漫談の要素を併せ持つ芸風を披露されていたケーシー高峰さん。彼について、現在引退しているのかや子供の名前、医師免許、報道ステーションなどという話題で注目が集まっているようです。そんなケーシー高峰さんの現在、引退、子供などの情報をお届けします。

目次

  1. 【ケーシー高峰の現在。引退?子供の名前は?結婚、医師免許、ギャグ。笑点や報道ステーションに出演】ケーシー高峰
  2. 【ケーシー高峰の現在。引退?子供の名前は?結婚、医師免許、ギャグ。笑点や報道ステーションに出演】ケーシー高峰の歴史
  3. 【ケーシー高峰の現在。引退?子供の名前は?結婚、医師免許、ギャグ。笑点や報道ステーションに出演】タレント、ケーシー高峰
  4. 【ケーシー高峰の現在。引退?子供の名前は?結婚、医師免許、ギャグ。笑点や報道ステーションに出演】医師免許は?
  5. 【ケーシー高峰の現在。引退?子供の名前は?結婚、医師免許、ギャグ。笑点や報道ステーションに出演】ケーシー高峰の結婚
  6. 【ケーシー高峰の現在。引退?子供の名前は?結婚、医師免許、ギャグ。笑点や報道ステーションに出演】子供の名前は?
  7. 【ケーシー高峰の現在。引退?子供の名前は?結婚、医師免許、ギャグ。笑点や報道ステーションに出演】引退?
  8. 【ケーシー高峰の現在。引退?子供の名前は?結婚、医師免許、ギャグ。笑点や報道ステーションに出演】笑点
  9. 【ケーシー高峰の現在。引退?子供の名前は?結婚、医師免許、ギャグ。笑点や報道ステーションに出演】報道ステーションでの出来事
  10. 【ケーシー高峰の現在。引退?子供の名前は?結婚、医師免許、ギャグ。笑点や報道ステーションに出演】医者、時事、ギャグ
03 thumb
引用: https://www.bs-sptv.com/res/bazooka/images/archives/20150727/03-thumb.jpg

医者、時事など交えたケーシー高峰さんの漫談は昔も今も多くの人を笑わせているようです。かなりクセの強い漫談なので、人を選ぶところもありますが、そこさえクリアできれば、はまってしまうことでしょう。そんなケーシー高峰さんについて、引退、子供、報道ステーションなどの話題で注目が集まっているようです。80代となったケーシー高峰さんの今の情報について調べていきたいと思います。まずは、これまでのケーシー高峰さんの活躍をご紹介いたします。

Kumakichi0221b000 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/kumakichi0221B000_TP_V.jpg
Takeru518020 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/takeru518020_TP_V.jpg

ケーシー高峰さんは山形県最上郡最上町の出身です。山形県立新庄北高等学校を卒業された後、家業を継ぐために日本大学医学部に進学させられたようです。そこでのケーシー高峰さんは、教授との関係が上手くいかず、モダン・ジャズに夢中になっていて、学業をおろそかにしていたそうです。そのために日本大学芸術学部に転部されました。それからのケーシー高峰さんは芸の才能をみせ始め、在学中から「坊られい」という名でクラブMCを務めるなど、その業界では知られた存在となりました。

Ameman314002 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/AMEMAN314002_TP_V.jpg
Kumakichi0221010 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/kumakichi0221010_TP_V.jpg

ケーシー高峰さんは、1957年に大学を卒業後、本格的に芸の道を志されることとなり、漫才師・大空ヒットさんに弟子入りされ、「かなた」と名乗るようになりました。漫才師コロムビア・トップの門下である大空はるか(後の青空はるお)と下ネタ専門の漫才コンビ「大空はるか・かなた」を結成されました。人気はあったものの、東京漫才界の対立騒動に巻き込まれて解散。1968年に現在の「ケーシー高峰」に改名されて漫才時代と同じく下ネタを上手く使った漫談家となりました。

Tsuru170321b 35%20mm 005 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TSURU170321b-35%20mm-005_TP_V.jpg

「セニョリータ」、「グラッチェ」など怪しげなラテン系単語を使用し、「大正テレビ寄席」という番組でのセミレギュラー出演を通して人々の間で大人気となりました。加えて、1969年の演芸番組「おいろけ寄席」では司会を務められ、安定した人気を獲得されました。さらに、1970年代末以降はピンク映画でヤブ医者役を演じるなど、コミックリリーフ担当の俳優としても活躍されるようになりました。その後、俳優としての実力を開眼させて、シリアスな役柄もこなし、2002年の「木更津キャッツアイ」でオカマのヤクザという難しい役も演じきられました。

1 / 3