Ba8xirct2vzsqtfxfznr

ヘアカラー

CATEGORY | ヘアカラー

ハイライトヘアカラーの髪型!セルフは難しい?【ショート・ミディアム】

2018.05.25

ハイライトヘアカラーのおすすめ髪型を大公開!ショートやミディアム、黒髪などのジャンルで分かりやすく紹介していきます。さらに、セルフでハイライトカラーが行えるのかどうかについてもお答え。トレンド感が詰まったハイライトヘアカラーを是非じっくり堪能してみてください。

目次

  1. 【ハイライトヘアカラーの髪型】ハイライトヘアカラーとは?
  2. 【ハイライトヘアカラーの髪型】ハイライトヘアカラーにブリーチは必須?
  3. 【ハイライトヘアカラーの髪型】ハイライトカラーをオーダーする時のコツ
  4. 【ハイライトヘアカラーの髪型】ハイライトヘアカラーカタログを紹介
  5. 【ハイライトヘアカラーの髪型】黒髪・暗色系なら挑戦しやすい
  6. 【ハイライトヘアカラーの髪型】ハイトーンなら透明感抜群
  7. 【ハイライトヘアカラーの髪型】ショートでこなれ感を演出
  8. 【ハイライトヘアカラーの髪型】ミディアムならより立体感UP
  9. 【ハイライトヘアカラーの髪型】セルフでハイライトカラーはできる?
  10. 【ハイライトヘアカラーの髪型】ハイライトヘアカラーでおしゃれに格上げ

ハイライトやハイライトヘアカラーとは、ベースである色に対してブリーチやカラー剤などで部分的に明るい部分を作る手法のことを指しています。そうすることによって髪型全体に立体感や軽さを出してあげることができるのです。髪の表面、または顔周りに入れることが多く、好みによって雰囲気の調節も可能となっています。

あまり派手にしたくない方は、ハイライトを入れる部分を少なくし、カラーもベースの色に近い色にすると良いでしょう。逆にもっと派手にしたいという方は、ハイライトを入れる部分を増やしたり、ベースの色とハイライトカラーをより明るくしてあげると良いです。

さらに、グラデーションと組み合わせることも可能で、幅広いスタイリングを楽しむことができます。「今のヘアカラーに飽きてしまった…」、「もっとトレンド感のあるヘアカラーにしたい!」という方におすすめです。

ネットや雑誌などで見るハイライトヘアカラーには9割型ブリーチが使われているとのこと。つまり、ブリーチなしでハイライトヘアカラーを作るのは非常に難しいということが分かりますね。しかし、ブリーチだと髪の傷みが気になるという方もいることでしょう。そんな方にはハイライト専用のカラー剤をおすすめします。

また、明るすぎる色を避けたい、ナチュラルな印象に仕上げたいという方にもぴったりです。美容院によっては、このハイライトカラー専用のカラー剤を扱っているお店があります。全ての店舗で取り扱っているわけではないので、気になる方はあらかじめチェックしておきましょう。

美容師さんに全て任せてしまうのもアリですが、せっかくなら自分の思い描いた雰囲気やイメージが形になれば良いですよね。そこで、イメージ通りのハイライトカラーになるよう、オーダー方法のコツを知っておくことが大切です。

まず、既にはっきりとしたイメージがあるのであれば、イメージ画像や他の方のヘアカラー写真を見せるなどして、美容師さんに希望のヘアカラーを伝えましょう。また、髪色は光の具合によって大きく変わるので、太陽光を当てたときにどのような色になるのか聞いておくことも重要です。

そして、ハイライトヘアカラーは何百、何千通りの組み合わせがあります。中には初めて耳にするヘアカラー名もあることでしょう。名前の可愛さに釣られて、どのような色か確認しないまま決めてしまうと失敗に繋がる可能性も。具体的にどのような色なのか、きちんと美容師さんに聞いてから決めるようにしてくださいね。

1 / 3