2018年05月17日 UPDATE

早川雪洲の子孫は?子供(娘・息子)や孫まで!戦場にかける橋の齋藤大佐!

1920年代から1960年代まで活躍したハリウッドスター「早川雪洲」。当時は喜劇王「チャップリン」と肩を並べるほどの絶大な人気をえ得ていました。ここでは早川雪洲の子供・子孫について紹介。どのような子供・子孫をもっているのでしょうか。

目次

  1. 【早川雪洲の子孫】早川雪洲のプロフィール
  2. 【早川雪洲の子孫】子孫・子供について
  3. 【早川雪洲の子孫】日本人初の国際的スター
  4. 【早川雪洲の子孫】画像
  5. 【早川雪洲の子孫】まとめ

【早川雪洲の子孫】早川雪洲のプロフィール

早川雪洲の子供(息子、娘)・活躍・画像を紹介

本名:早川金太郎(はやかわ きんたろう)
出生年:1886年6月10日(1973年11月23日・87歳没)
出身地:千葉県
代表作品:『戦場にかける橋』『タイフーン』『ザ・チート』
1907年、21歳の時に単身渡米。まだ発展途中であったハリウッドで映画「タイフーン」で主演を務めて一躍有名になる。その後、映画「ザ・チート」でダンディズムと色気を極めた役柄が大いに受けてさらに人気は加速。ハリウッド創世期に数多くのサイレント映画に出演してハリウッドスターとして一気に登り詰めました。海外の反応としては人気絶頂期に喜劇王「チャップリン」と人気が二分するほどの絶大な支持を得ていました。
黄色人種差別・日本人排斥運動・世界大戦によって何度か休業を行いながらも映画活動を継続。1958年には『戦場にかける橋』で大佐役を務めています。『戦場にかける橋』でアカデミー助演男優賞を受賞しました。80歳頃まで俳優活動を続け、1967年に公開された日本映画『純情二重奏』を最後にして、1973年11月に急性肺炎でこの世を去りました。日本では知名度が低いものの、ハリウッドでは偉大な日本人俳優として名を残しています。

【早川雪洲の子孫】子孫・子供について

早川雪洲の子供(息子、娘)はいるの?

1914年に初の国際的女優「青木鶴子」と結婚。しかし、1926年にイギリス出身の女優「ルース・ノーブル」と愛人関係になり彼女との間に男の子(雪夫)が産まれる。また、1932年には日本で活動中に17歳の少女とも関係を持ち、彼女との間に2人の女児(令子・富士子)が産まれています。
最終的に妻の青木鶴子にとっては実の子ではない、雪夫・令子・富士子とともに生活を営んでいくこととなりました。早川雪洲の子供たちは一般人のため詳細は明らかになっていません。

【早川雪洲の子孫】日本人初の国際的スター

早川雪州の出世作品は映画「ザ・チート」。本作「ザ・チート」ではヒロインの隣人役として出演。はじめは礼儀正しい紳士だったものの、後に人を食い物にする残忍な東洋人を演じて大きく話題に。
早川雪洲のカッコ良さ極まるバッドガイさが全米に大いに受けて彼の出世作品となり、アメリカ国内でアイドル的人気を誇るようになります。全米で300万ドルにも渡る興行収益を叩き出して映画界に大きな影響を与えた作品でもあります。しかし、残念ながら、人種差別的・国辱的な内容を含む映画として日本では公開されていません。また「国辱的スター」として日本では低評価の俳優となってしまいました。
日本では知名度が低い俳優であったものの、ハリウッド人気絶頂期の海外の反応は喜劇王「チャップリン」と肩を並べるほどの人気をもっていました。今でいうと「トム・クルーズ」「レオナルド・ディカプリオ」ほどの絶大な人気を誇る日本を代表する俳優だったのです。

【早川雪洲の子孫】画像

ここでは初のハリウッドスターともいわれる早川雪洲の魅力的な画像を紹介。当時はアイドル的存在を誇り、アメリカ全土の女性を虜にしていった早川雪洲の姿を見ていきましょう。

【早川雪洲の子孫】まとめ

早川雪洲の子供(息子、娘)・活躍・画像を紹介

早川雪洲は1907年から1960年代まで日本を代表するハリウッドスターとして活躍。海外の反応も相当な支持を誇っており喜劇王「チャップリン」と並ぶほどの人気を誇っていました。海外の反応では、初のハリウッドスターは日本人「早川雪洲」と言われるほどです。
これほどまでのハリウッドスターが日本で知名度が低いのが残念ですが、少しでも「早川雪洲」の名が広がっていくといいですね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BGtVY1vNQaF/?tagged=%E6%97%A9%E5%B7%9D%E9%9B%AA%E6%B4%B2