Q4sx2u4jdja6u8putcmt

髪型

CATEGORY | カテゴリー

ワセリンを髪の毛に?ワックス代わりでウェット感&毛先ケア効果?

2018.05.17

ワセリンをワックス代わりに髪の毛に使用することで簡単にウェットヘアが完成するんです♪また、ワセリンは乾燥してパサつく毛先にも効果的だと知っていますか?今回はワセリンの髪への効果と使い方、その他の活用法と注意ポイントをご紹介します!

目次

  1. 【ワセリンをワックス代わりに髪に!効果&使い方】毛先の乾燥を防ぐ!
  2. 【ワセリンをワックス代わりに髪に!効果&使い方】ウェットヘアに
  3. 【ワセリンをワックス代わりに髪に!効果&使い方】頭皮ケアも
  4. 【ワセリンをワックス代わりに髪に!効果&使い方】メイク落としにも♪
  5. 【ワセリンをワックス代わりに髪に!効果&使い方】使用する上での注意ポイント
  6. 【ワセリンをワックス代わりに髪に!効果&使い方】まとめ

ワセリンは鉱物油から生成されたものです。ワセリンは密着力が高く、蓋をして肌の水分が蒸発するのを防ぐ効果があります。乾燥してパサつきがちな毛先にワセリンを塗ることで、髪の水分の蒸発を防いでくれます。

ワセリンをつけすぎるとべたついてしまうので、毛先に米粒大ほどの量を薄く塗るのがポイントです。

ほんのり濡れたような「ウェットスタイル」は最近のトレンドヘアスタイルとなっています。ワセリンをワックス代わりに使用することで、簡単にウェットヘアが完成するんです♪

ワセリンをワックス代わりに使用するときは、少量を指先にとって伸びやすくしてから少しずつ重ね付けしていきます。また、髪の根元などにつけるとべたついてしまうので注意しましょう。

頭皮がべたついてにおったりする人におすすめなのが、ワセリンで頭皮マッサージをする方法です。頭皮が脂ぎったり、におう場合は毛穴に皮脂が詰まっていることが考えられます。ワセリンは皮脂と良くなじみ、汚れを浮き上がらせる効果が期待できます。

お風呂に入ったらワセリンを頭皮に刷り込むようにマッサージし、シャンプーをしっかりしてワセリンを落としましょう。こうすることで頭皮がスッキリしてきれいになります。

また、頭皮が乾燥してフケがでるという人は、シャンプーをした後にごく少量のワセリンを頭皮に塗りましょう。ワセリンが頭皮の乾燥を防いで保湿してくれるので、乾燥によるフケやかゆみを防ぐことが出来ます。このとき塗りすぎると、脂ぎったようになってしまうので気をつけましょう。

ワセリンはメイク落としにもなると知っていますか?ワセリンはクレンジング剤と異なり肌に負担をかけないため、敏感肌の方も安心して使用できます。

①ティースプーン1杯ほどのワセリンを手のひらに乗せ、やわらかく良く伸びるようになるまで温めます。

②ワセリンを顔に塗ってメイクと良くなじませ、濡れタオルで優しく拭き取ります。

③ワセリンをふき取ったら、普段通りに洗顔しましょう。

また、ワセリンは外出先でのメイク直しにも役立ちます。マスカラなどが落ちてまった場合、ワセリンをめん棒につけて軽く擦るだけで落とすことができます。

1 / 2