2018年05月14日 UPDATE

帽子の髪型は外した時も考えて!夏は帽子のオン・オフで魅力的に!

夏は帽子が欠かせない季節ですよね。デリケートな頭皮を守るためにも外出時は帽子をかぶりたいですが、髪型に悩む女子も多いでしょう。帽子に似合う髪型はどんな髪型なのでしょうか。帽子を外した時もかわいい髪形をマスターしたいですよね。

目次

  1. 【髪型別!似合う帽子】帽子の種類:ハット・ニット帽
  2. 【髪型別!似合う帽子】帽子の種類:キャップ・ハンチング
  3. 【髪型別!似合う帽子】髪型が潰れるのは避けられない?
  4. 【髪型別!似合う帽子】潰れた髪を復活させる方法
  5. 【髪型別!似合う帽子】ボブに似合う帽子
  6. 【髪型別!似合う帽子】ボブのヘアアレンジ
  7. 【髪型別!似合う帽子】ロングに似合う帽子
  8. 【髪型別!似合う帽子】ロングのヘアアレンジ
  9. 【髪型別!似合う帽子】ショートに似合う帽子
  10. 【髪型別!似合う帽子】ショートのヘアアレンジ

【髪型別!似合う帽子】帽子の種類:ハット・ニット帽

一言で帽子と言っても様々な種類があります。基本的な分類として、一部でもつばのある帽子はハットに分類されます。しかしファッション業界では全方向につばがあるものをハットと呼んでいます。ハットの中にも種類があります。つばが中折れしているものをソフトハット、つばを広くしたものをキャベリンと種類分けをしています。
ハットの種類として、麦わら素材で作ったものをストローハットと呼んでいます。ストローハットは麦わら帽子とも言われますね。様々な種類のあるハットの中でも、ストローハットは最も流通しているものかもしれません。
Dlzlgx8uouxohz6ravpg
引用: https://www.instagram.com/p/BivrBKXgLx1/?tagged=%E5%B8%BD%E5%AD%90
ただしハットに分類される種類でも、ニット素材で作られた帽子は全てニット帽です。しかしニット帽は一般的にはつばのない種類が殆どです。ニット帽の中でもポンポンなど飾りがついたものや、折り返しのあるものはワッチキャップ、何の装飾もないニット帽をビーニーと種類分けしています。

【髪型別!似合う帽子】帽子の種類:キャップ・ハンチング

前方だけにつばのついた帽子をキャップと呼びます。野球選手がかぶっている帽子が有名ですね。野球チームがかぶっている形のキャップはベースボールキャップと呼ばれます。トップ部分が平らなものをワークキャップ、トップがふんわりしているキャップをマリンキャップと種類分けしています。
ハンティング用に作られた帽子はハンチングと呼ばれます。トップ部分が楕円形をしているのが特徴です。一枚布で作った現代風のハンチングをモナコハンチング、フェルト記事などで作られたものはプロムナードハンチングと種類分けされます。6枚~8枚の布を繋いで作る帽子をキャスケットと呼んでいます。これもハンチングの一種です。
つばがなく、丸い形のものをベレー帽と呼びます。ウールフェルトで作られたものが一般的でしたが、最近では他の素材も使われています。画家などの芸術家がかぶるイメージがあるので、着こなせれば個性的な印象やアーティスティックな雰囲気を出す事ができます。

【髪型別!似合う帽子】髪型が潰れるのは避けられない?

ファッションとして帽子を着こなしたいけど、髪型が潰れるのは困るという人も多いでしょう。髪型が潰れるのが嫌で帽子をかぶれない、という人もいます。髪型が潰れるのは避けられないのでしょうか。
髪型が潰れるのを防ぐには、帽子を軽くかぶる事も大切です。ふわっとかぶる事ができる帽子なら、髪型が潰れるのを最小限におさえる事もできます。しかし全ての帽子が軽くかぶれるわけではありません。
しっかりとかぶる帽子の場合、髪型が潰れるのは避ける事ができません。仕事などでしっかりかぶらなければならない場合、髪は潰れます。これは帽子より髪を押さえつけるのですから、潰れるのは当然です。

【髪型別!似合う帽子】潰れた髪を復活させる方法

帽子により髪が潰れてしまう事は避けられません。しかし工夫次第で、その潰れた髪を早く復活させる事はできるかもしれません。潰れた髪を復活させる方法は幾つかあります。その中の一つが、帽子をかぶる前にいつもとは反対側で分け目を作っておく方法です。こうしておけば、帽子を脱いだ時にいつもの分け目に戻す事で髪型をふんわりとさせる事ができます。
分け目を普段作っていない場合は、オールバックで帽子をかぶる方法があります。帽子を脱いだ時は前髪が立ってしまっていますが、いつものように下におろせばふわっとさせる事ができます。前髪だけの対応ですが、それだけでも印象は変わります。
ロングヘアーなら、帽子をかぶる前にみつあみを作っておく方法があります。帽子を脱いでみつあみもほどけば、軽くパーマがかかったようなウェーブが作られています。ふんわりとした印象になりますから、髪の潰れも気にならなくなるかもしれません。

【髪型別!似合う帽子】ボブに似合う帽子

ボブなど短い髪形にはハットが似合います。ボブはどんなハットでも似合いますが、髪の長さがない分、ヘアアレンジは限られてきます。ボブなら髪を耳にかける、かけない、前髪を下ろす、下ろさないで外見に変化をつけましょう。
ボブに似合うハットとして、つばが広めのハットがあります。ボブにつばが広めのキャップは帽子が目立つスタイルになります。カジュアルな印象がありますから、ファッションもTシャツやカジュアルなブラウス、ジーンズにサンダルが合うでしょう。
ボブならショートよりも長さがありますから、ボーイッシュなハットもかわいくかぶる事ができます。ハットがボーイッシュでファッションもボーイッシュだと女性らしさが出なくなるので、ファッションはフェミニンな印象でまとめて下さい。ボーイッシュとフェミニンを融合させられるのはボブの強みです。

【髪型別!似合う帽子】ボブのヘアアレンジ

帽子で自慢のボブヘアーが潰れないようにするには、分け目を作っておくのがおすすめです。
Hkopbhb2qequbr1cnj8i
引用: https://www.instagram.com/p/Bivmj7dFKY2/?tagged=%E3%81%8F%E3%82%8B%E3%82%8A%E3%82%93%E3%81%B1
帽子をかぶる時はいつもとは反対の分け目に、脱いだらいつもの分け目に戻します。
これで髪型をふんわりと戻す事ができます。

【髪型別!似合う帽子】ロングに似合う帽子

ロングヘアーはそれだけで女性らしさを出しています。ロングヘアーが持つ女性らしさを存分に出したいなら、ロングヘアーとストローハットの組み合わせがかわいいです。ストローハットは女性らしいデザインを選んで下さい。
ロングヘアーは髪型で充分に女性らしさを出していますから、ベースボールキャップやワークキャップでボーイッシュに決めるのもありです。ロングヘアーのおかげでガサツな印象がなく、かわいい印象に仕上がります。
ロングヘアーはヘアアレンジが自由なところも強みです。ロングヘアーを下ろしたまま帽子をかぶってもいいですし、ポニーテールにしてもかわいいです。お団子にして髪を帽子の中におさめれば、かなりボーイッシュな印象も作れます。

【髪型別!似合う帽子】ロングのヘアアレンジ

ロングで帽子をかぶる場合のヘアアレンジは多くありますが、夏のおすすめはまとめ髪です。
Xlw32ebg437pzn6bqwsu
引用: https://www.instagram.com/p/BitT8eeBDLn/?tagged=%E3%81%8F%E3%82%8B%E3%82%8A%E3%82%93%E3%81%B1
ポニーテールやお団子もかわいいですが、くるりんぱとアレンジするヘアもおすすめです。
最近は手軽にくるりんぱできるグッツもありますから、今年の夏はチャレンジしてみて下さい。

【髪型別!似合う帽子】ショートに似合う帽子

ショートヘアーは帽子とのコーディネートが難しいと思われがちですが、そんな事はありません。確かにショートヘアーだとヘアアレンジは限られてきますし、帽子をかぶればショートだとそのヘアアレンジも見えなくなります。しかしそれ以外のアイテムで印象を変えたり、コーディネートを楽しむ事は可能です。
ショートヘアーはボーイッシュな魅力があります。その魅力を生かすために、ショートヘアーに更にボーイッシュなキャップをかぶってみましょう。がさつな印象になるのではと心配する人もいますが、大きめのイヤリングやピアス、ロングネックレスと組み合わせればショートヘアーがよりかわいく見えますよ。
ショートヘアーで大人っぽい印象を出したいなら、つばが広めの帽子と組み合わせるのがおすすめです。服装も大人っぽい印象でコーディネートすれば、ミステリアスな雰囲気も出せます。ショートヘアーは幼く見られる事もあるので、大人っぽく決めたい場合はおすすめです。

【髪型別!似合う帽子】ショートのヘアアレンジ

ショートヘアーと帽子の組み合わせは、髪の潰れとの戦いです。
基本は浅くかぶる事を心がけましょう。
ボーイッシュなキャップなら、深くかぶるよりも軽くかぶった方がかわいいですよ。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bivr8NWgwHA/?tagged=%E5%B8%BD%E5%AD%90