2018年05月12日 UPDATE

フランキー堺の死因は?妻・息子・孫など家族構成は?堺正章と親戚?

フランキー堺さんの妻や息子が気になります!フランキー堺さんの妻や息子や、晩年の生活、死因について調べていきましょう。俳優としてだけでなくコメディアンやドラム演奏者としても活躍したフランキー堺さんの死因や有名作品、家族との関係をチェックしていきましょう!

目次

  1. 【フランキー堺の死因は?妻や息子について】プロフィール
  2. 【フランキー堺の死因は?妻や息子について】テレビ
  3. 【フランキー堺の死因は?妻や息子について】映画
  4. 【フランキー堺の死因は?妻や息子について】ドラム演奏
  5. 【フランキー堺の死因は?妻や息子について】ミュージカル
  6. 【フランキー堺の死因は?妻や息子について】堺正章との関係
  7. 【フランキー堺の死因は?妻や息子について】妻
  8. 【フランキー堺の死因は?妻や息子について】息子
  9. 【フランキー堺の死因は?妻や息子について】死因
  10. 【フランキー堺の死因は?妻や息子について】テレビスター

【フランキー堺の死因は?妻や息子について】プロフィール

日本のエンターテイメント界で素晴らしい活躍を見せたフランキー堺さんは1929年2月13日に生まれています。本名は堺正俊さんで鹿児島県鹿児島市出身です。フランキー堺さんが日本のエンターテイメント界を引っ張ってきたのには様々な活躍があったからです。

フランキー堺さんは俳優としてだけでなく、コメディアンや司会者、ドラム演奏者と様々な才能を持っていたからです。類まれな才能に恵まれたフランキー堺さんの家族や有名テレビ番組や映画、ドラム演奏者としての活躍をチェックしていきましょう!

【フランキー堺の死因は?妻や息子について】テレビ

フランキー堺さんはテレビで俳優やコメディアン、司会者として活躍していました。フランキー堺さんは様々なテレビドラマで活躍していますが「私は貝になりたい」で清水豊松役を演じたことは有名です。他にも「わが輩ははなばな氏」ではフランキー堺さんの家族が出演したことで話題となりました。

横溝正史シリーズなどのミステリー作品にも多数出演しているフランキー堺さんは「江戸川乱歩シリーズ 明智小五郎」や「獄門島」「横溝正史シリーズ」にも出演しています。他にもNHKの大河ドラマの「太閤記」「おんな太閤記」「太平記」などの作品に出演しています。

【フランキー堺の死因は?妻や息子について】映画

テレビ俳優としてだけでなく、映画俳優としても有名なフランキー堺さんは映画「名探偵アジャパー氏」や「初恋カナリア娘」しも出演しています。テレビドラマとして人気となった「私は貝になりたい」もドラマの後に映画作品となっています。映画の「私は貝になりたい」にもフランキー堺さんは出演しています。

フランキー堺さんは映画でコメディアンとしての才能も発揮しています。映画「喜劇・命のお値段」や「喜劇 日本列島震度0」は有名な映画作品です。他にも映画「宮本武蔵」や「忠臣蔵 花の巻・雪の巻」などの時代劇映画にも出演しています。

【フランキー堺の死因は?妻や息子について】ドラム演奏

コメディアンや俳優として数々のテレビドラマや映画作品に出演しているフランキー堺さんはドラムの演奏者としても有名でした。ドラムだけでなく、歌手としても活躍していたフランキー堺さんは紅白歌合戦に4回出場経験があります。

もともとユーモアに溢れる性格のフランキー堺さんはドラムや音楽でもその豊かな性格が生かされています。ドラム演奏についてよく分からない人も精通する人もフランキー堺さんの陽気で軽快なドラム音楽を一度聞くとその音楽の虜になりました。俳優たコメディアンとしてだけでなく、ドラム演奏者として音楽活動もするエンターテイナーは当時とてもユニークな存在でした。

【フランキー堺の死因は?妻や息子について】ミュージカル

フランキー堺さんのコメディアンや俳優としての才能や音楽の才能はミュージカル映画でも発揮されています。ミュージカル映画「君も出世ができる」は1964年に製作された日本独自のミュージカル映画です。戦後の日本では元気がでて気分が明るくなるミュージカル映画作品を次々に生み出していきました。

数多くのミュージカル映画作品が作られましたが日本人にはなかなか受け入れられずにいました。しかしフランキー堺さんのミュージカル映画「君も出世ができる」は数少ない当たり作品として人気となりました。ミュージカル映画の「君も出世ができる」は日本の観光会社で働くサラリーマンのドアバタストーリーです。

【フランキー堺の死因は?妻や息子について】堺正章との関係

フランキー堺さんは本名が堺正俊で司会者としても活躍していたこともあり堺正章さんと間違えられることが多く、フランキー堺さんと堺正章さんがごちゃごちゃになっていることがあります。フランキー堺さんも堺正章さんも戦後の日本のエンターテイメント業界を支えてきた人たちですがフランキー堺さんが年上で先輩となります。

フランキー堺さんは1929年2月13日生まれですが堺正章さんは1946年6月6日生まれです。フランキー堺さんと同様に堺正章さんも俳優やコメディアン、司会者やラジオパーソナリティと様々な活躍を見せています。堺正章さんもフランキー堺さんに影響を受けた人物の1人でしょう。

【フランキー堺の死因は?妻や息子について】妻

フランキー堺さんの詳しい結婚生活は語られていません。そのためフランキー堺さんの妻の情報などはあまりありませんが結婚して幸せな家庭生活を築いていたことは知られています。フランキー堺さんは妻や家族をとても大切にしていました。フランキー堺さんの家族を思う気持ちと世代もあり、妻の情報や家族の詳しい情報が語られていないのでしょう。

家族の絆をとても大切に思っていたフランキー堺さんには2人の息子が存在します。フランキー堺さんはもともと鹿児島の士族の家系の出身です。由緒あるお家出身ということもありフランキー堺さんが芸能界で活躍することはとても困難だったことが分かります。そんなフランキー堺さんを支えてくれたのが新しい家族との絆でした。

【フランキー堺の死因は?妻や息子について】息子

フランキー堺さんの息子さん2人の詳しい情報は分かってはいませんが、フランキー堺さんの長男にあたる息子さんは日本の推理作家で弁護士でもある和久峻三さんの娘さんと結婚しています。フランキー堺さんの次男の息子さんはあの有名な福沢諭吉さんの曽孫の娘さんと結婚しています。

息子さんが2人とも素晴らしい家系の家族となったことはフランキー堺さんにとってとても喜ばしいことだったに違いありません。フランキー堺さんの家族思いなところがフランキー堺さんの家族を幸せな家庭生活に導いてくれたのでしょう。

【フランキー堺の死因は?妻や息子について】死因

フランキー堺さんは日本のエンターテイメント業界を引っ張ってきた人の1人でした。多くの才能に恵まれたフランキー堺さんはその才能におごることなく日々一生懸命に努力を怠らない人でした。そんなフランキー堺さんは1996年6月10日に亡くなっています。

フランキー堺さんの死因となったのは肝不全でした。67歳という若さで亡くなっています。まだまだこれからという時に息を引き取られたので芸能界はもちろん、フランキー堺さんに勇気をもらったファンの人たちはとても悲しんだことでしょう。フランキー堺さんが亡くなったのは東京都港区にある済生会中央病院でした。

フランキー堺さんは晩年大阪芸術大学舞台芸術学科の教授も勤めています。素晴らしい才能に溢れたフランキー堺さんだったからこそできた講義は人気となっていました。まだまだ活躍が期待されていただけに67歳でこの世を去った時には日本中が多くの悲しみに包まれました。

【フランキー堺の死因は?妻や息子について】テレビスター

鹿児島の由緒正しい士族の家柄に生まれたフランキー堺さんは、俳優として数々の日本のテレビドラマに出演してきました。俳優としてだけでなくコメディアンとしての才能も素晴らしかったフランキー堺さんがコメディードラマや映画でも活躍しています。

俳優としてだけでなく、音楽の才能にも恵まれたフランキー堺さんがドラムの演奏者としても有名でした。日本の芸能界から愛され続けたエンターテイナーは67歳でこの世を去っています。家族思いで面白く、人情味に溢れたフランキー堺さんは本当に素晴らしいエンターテイナーです。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BSxEomjhpvR/?tagged=%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%BC%E5%A0%BA