2018年04月08日 UPDATE

髪のツヤをいつまでも!おすすめオーガニックヘアオイル10選

女の命ともいわれる「髪の毛」。美しい髪は自信の表れになりますし、異性を惹きつけることもできます。そんな美しい髪を作り、維持するためにはオーガニックヘアオイルでのケアが欠かせません。ここでは美しい髪に必要不可欠な「オーガニックヘアオイル」をご紹介していきます。

目次

  1. 【ツヤ髪オイル】ヘアオイルを使う重要性
  2. 【ツヤ髪オイル】オーガニックヘアオイルの効果その①
  3. 【ツヤ髪オイル】オーガニックヘアオイルの効果その②
  4. 【ツヤ髪オイル】オーガニックヘアオイルの効果その➂
  5. 【ツヤ髪オイル】オーガニックヘアオイルを選ぶうえでのポイント①
  6. 【ツヤ髪オイル】オーガニックヘアオイルを選ぶうえでのポイント②
  7. 【ツヤ髪オイル】正しいオーガニックヘアオイルの使い方
  8. 【ツヤ髪オイル】市販で人気!おすすめオーガニックヘアオイル
  9. 【ツヤ髪オイル】潤うから人気!最強に潤う市販のヘアオイルはどれ?
  10. 【ツヤ髪オイル】髪に良い人気のオーガニックヘアオイル まとめ

【ツヤ髪オイル】ヘアオイルを使う重要性

意外にも使っている人が少ない「ヘアオイル」。しかし美しい髪を保ちたいのならヘアオイルは欠かすことのできないアイテムです。なぜなら、現代人の髪の毛はカラーやパーマ、紫外線などのたくさんのダメージを日々負っているからです。受けたダメージはケアをしないとパサつきや枝毛、切れ毛となって現れてきます。これを防ぎ、美しい艶と滑らかさを演出してくれるのがヘアオイルなのです。髪や頭皮に優しいものばかりなので是非オーガニックヘアオイルを使ってみましょう。

【ツヤ髪オイル】オーガニックヘアオイルの効果その①

まず注目したいオーガニックヘアオイルの効果は、髪をコーティングして外部の刺激から守ってくれる点です。毎日お風呂で使うトリートメントやコンディショナーはお風呂の中で流されてしまいます。また、時間が経てば経つほど髪に浸透した栄養や水分は蒸発してしまうのです。そのためドライヤーで髪を乾かすときは髪を守ってくれるクッション材が無い状態なので、髪にダメージが伝わりやすくなってしまいます。

しかしオーガニックヘアオイルに関わらず、ヘアオイルはドライヤーの前につけることが多い商品です。髪を一本一本コーティングしてくれるので外部の刺激から守ってくれる効果があります。髪は熱に弱いものなので、毎日ヘアアイロンを使う方などには欠かせない効果をもたらしてくれるアイテムなんですよ。

また、オーガニックヘアオイルは髪の最大の天敵である「紫外線」からも一日中髪を守ってくれます。紫外線は髪をパサつかせ、まとまりにくくなる原因の一つです。紫外線の強い夏にはオーガニックヘアオイルの使用は欠かせません。できれば一年中使うことをおすすめします。

【ツヤ髪オイル】オーガニックヘアオイルの効果その②

トリートメントやコンディショナーには髪が潤う効果や栄養、補修成分を与える役割があります。しかし、入浴後何もケアしないままでいるとその成分は蒸発してしまい髪の毛から出ていってしまうのです。成分が出ていってしまえば、その効果をきちんと実感することはできませんよね。ここで使いたいのがオーガニックヘアオイルです。

オーガニックヘアオイルはトリートメントの後、タオルドライをした後などにつけると髪の毛を一日中コーティングしてくれます。そのため、コンディショナーやトリートメントが髪に与えてくれた栄養や水分が蒸発しないように蓋をしてくれるのです。

またオーガニックヘアオイルは髪が広がってしまうことを抑え、髪をまとまりやすくする効果もあります。せっかくセットしたのに髪が広がってしまったら可愛い髪型も台無しですよね。実はこの髪が広がってしまうのは「乾燥」が原因なのです。この乾燥は髪の水分不足や栄養不足で起こります。髪が乾燥でパサついてしまい広がってしまうのですが、これをヘアオイルは予防し、まとまりやすい髪の毛に補正してくれます。

【ツヤ髪オイル】オーガニックヘアオイルの効果その➂

オーガニックヘアオイルには「ブラッシングの摩擦軽減効果」もあります。実は普段何気なく行っているブラッシングは意外にも髪に多くの摩擦刺激を与え、ダメージになっているのです。しかしここにオーガニックヘアオイルをつけることで髪を一本一本コーティングしてくれるので、ブラッシングによる摩擦から髪を保護してくれ、切毛や枝毛を減らすことも可能になります。

さらに頭皮をマッサージする際にヘアオイルをつけてやれば、マッサージによる摩擦から頭皮を守ることができますよ。また、ヘアオイルは「パーマを長持ち」させる効果もあります。パーマをかけてもらったのに、すぐ取れてしまうことってありますよね。これはとっても悲しいことです。パーマは髪が外部からの摩擦などが原因でパサついてしまうと早くとれてしまいます。この摩擦や乾燥を避けるためにもオーガニックヘアオイルを使用して髪に潤いを与えてあげましょう。こうすることでパーマを長持ちさせることができます。

【ツヤ髪オイル】オーガニックヘアオイルを選ぶうえでのポイント①

まずオーガニックヘアオイルを選ぶうえで見ておきたいのが、「植物性オイル」が配合されているかということです。ヘアオイルに使われているオイルには2種類あり、「植物性」と「鉱物性」のものがあります。この二つの中で特に髪に良いのが「植物性」のオイルです。しっかり調べて見極めましょう。

植物性のオイルには、椿油やオリーブオイル、ホホバオイル、アルガンオイル、ボタニカルオイルなど多数あります。植物性のいいところは毛穴を詰まらせない点です。毛穴に悪さをしないのでヘッドスパなどの頭皮マッサージにも使用できます。また、刺激がほとんど無いため保湿とヘアケアにもってこいなのです。刺激が少ないので、植物性のオイルは肌の弱い方でも使用できます。

【ツヤ髪オイル】オーガニックヘアオイルを選ぶうえでのポイント②

ヘアオイルには配合されている構成成分からもたらされる効果というものがあります。本体裏面を見れば構成成分表示に多数のものが記載されていますよね。自分が使用するオイルにはどんなものが含まれていて、何から成り立っているかを調べてみましょう。これらを確認することで、本当に自分が求めている効果を持ったヘアオイルを見つけることができます。何も表記を見ないで買うと、自分の求めている効果と違ったりするので気を付けましょう。

【ツヤ髪オイル】正しいオーガニックヘアオイルの使い方

正しいヘアオイルの使い方はまず適量を使うことです。少ない量では効果が出ませんので意味がありません。逆に付けすぎてしまっても、べたつきや毛穴が詰まる原因になるので適量を使用してください。毛穴がオイルで詰まってしまうと頭皮トラブルの原因になるので注意しましょう。髪の長さやオイルの効能によって多少違いはありますが、2、3プッシュが適量とされています。

付ける範囲としては、頭皮を避けて、毛先から半分ほどもしくは3分の1くらいに塗ると髪が綺麗に仕上がるといわれています。オイルの効能上、髪が濡れた状態、ドライヤーをする前に付けるのが一番良いです。オイルを付けてから髪を乾かしましょう。オイルが髪を一本一本保護してくれるので、ドライヤーの熱で髪が傷む心配もありません。

乾いた髪の毛に使用したい場合は、半分くらいの量を髪の表面にさらっと塗ります。これをすると紫外線のダメージから髪を守るのに有効ですよ。髪のオイルパックをしたい場合にはオイルを乾いた紙と頭皮に塗って、蒸しタオルを巻きます。その状態で20分ほど放置し、その後にマッサージするようにして毛穴の汚れを落としていきます。

その後念入りにシャンプーをすると髪の毛も頭皮もしっとりとした元気なものに生まれ変わります。週一のスペシャルケアとして利用すると髪が元気になりますよ。どうしても髪のべたつき感が苦手、嫌いという方はトリートメントの際にヘアオイルをほんの少しだけ混ぜて使うことをおすすめします。髪のべたつきは気になりませんし、髪の毛がしっとりとしてくれます。

【ツヤ髪オイル】市販で人気!おすすめオーガニックヘアオイル

ここからは市販のもので人気、おすすめの商品をご紹介していきます。まず市販のものでおすすめしたい商品は、「大島椿」のオイルです。こちらは髪が膨らむ、毛量が多い、乾燥しているといった悩みを持つ方にぴったりの商品で、香りは時になく天然の椿油の匂いがします。強い香りが苦手という方にもおすすめですよ。ドライヤーの熱や紫外線などのダメージから髪を守り、美しく艶やかな髪に仕上げてくれます。とても濃厚なテクスチャーなので適量でしっかりと髪に行きわたります。

次に市販でおすすめの潤うオーガニックヘアオイルは、「ナプラ N. ポリッシュオイル」です。基本はドライヤーで乾かす前に使用しますが、その他にコテやアイロンで巻いた後に少量手に取り馴染ませてから髪に塗ると艶が出てパサつきを抑えてくれます。毎日ヘアアイロンを使用している方にとっては欠かせないケアですよね。天然由来成分とシアバターで作られたオイルなので、髪はもちろんのこと肌にも潤いを与えてくれます。マンダリンオレンジとベルガモットの香りでとても癒される人気の商品です。

市販のものでもまだまだ人気のおすすめ商品はたくさんあります。「クラシエ いち髪 純・和草油」もおすすめです。純度100%オイルを5種類も配合しており、パーマやヘアカラーで傷んでしま他t髪の毛を補修するだけでなく、新たにできる傷みからも髪を守ってくれる効果が期待できます。特に髪の傷みが気になる方にはおすすめです。濃厚なテクスチュアなので少量でもしっかりと髪を潤すことできます。

「ラックス ルミニーク ゴールドオイルシャイン」も市販のもので髪が潤うおすすめヘアオイルです。使われているオイルは「マカダミアナッツオイル」と「アーモンドオイル」で髪をきちんと保護しながらしなやかな髪に育てる働きがあります。2つの植物性オイルを贅沢に配合しているので、髪のキューティクルの奥の奥まで届くので成分がしっかりと浸透します。値段もそこまで高くはないので気軽に使うことができ、初めての方はお試し感覚で使うことができます。

【ツヤ髪オイル】潤うから人気!最強に潤う市販のヘアオイルはどれ?

ここで気になるのは市販の商品の中で、一番髪が潤う商品はどれかということですよね。色々な口コミや評価を総合的に判断した結果、一番人気が高く、髪が潤うと好評だったのが「Moroccanoil モロッカンオイルトリートメント」です。このオイルの特徴は主成分として使われているオイルがとても保湿性に優れていることです。どんな髪質の方にも向いており、髪が細い人、太い人関係なく使うことができます。ただし少々お値段が張るので本当に髪をどうにかしたい!という時に買うことをおすすめします。

使用されているアルガンオイルはモロッコの南西部にしか生息しないアルガンの木の実を使ったもので、ビタミンEを多く配合しているため、髪の毛をしっかりと補修し、潤う健やかな髪に導いてくれます。付けてもべた付くことなくさらっとした仕上りで、髪の艶を出してくれます。甘く大人な香りのバニラムスクの香りで癒されますよ。香りを重視する方でも大満足の使い心地です。

【ツヤ髪オイル】髪に良い人気のオーガニックヘアオイル まとめ

潤う健康な髪を育てるためには、オーガニックヘアオイルは欠かせないアイテムです。髪の悩みがある人は是非使ってみましょう。髪質によっては向き不向きの商品もあるので、構成成分をきちんと見てから購入するようにしてください。美しい髪の毛を育てて、自分の魅力を引き出しましょう。