Skeo5jxqvhxi6akvn97b

カップル

CATEGORY | カテゴリー

告白の返事待ちの期間はどうする?ラインは?デートに誘うのはNG?

2018.05.11

告白してその場で返事をもらえなかった返事待ちの期間ってつらいですよね。YESなのかNOなのか、居ても立っても居られないものです。そんな告白の返事待ちの期間はどう過ごしたらいいのか、また、どうしたら成功に導けるのかについて、今回はご紹介させて頂きたいと思います。

目次

  1. 【告白の返事待ち期間は?ラインやデートは?】返事待ちの期間はどうしたらいいの?
  2. 【告白の返事待ち期間は?ラインやデートは?】すぐに返事ができない理由とは?
  3. 【告白の返事待ち期間は?ラインやデートは?】脈あり理由
  4. 【告白の返事待ち期間は?ラインやデートは?】脈なし理由
  5. 【告白の返事待ち期間は?ラインやデートは?】どれくらい待つべき?
  6. 【告白の返事待ち期間は?ラインやデートは?】告白返事待ち期間のラインは?
  7. 【告白の返事待ち期間は?ラインやデートは?】デートに誘ってもいい?
  8. 【告白の返事待ち期間は?ラインやデートは?】その告白、成功に導かせるには…
  9. 【告白の返事待ち期間は?ラインやデートは?】告白待ち期間のNG行動
  10. 【告白の返事待ち期間は?ラインやデートは?】まとめ
Gg7tq7pet6opql5wugbb

勇気を出して告白をしたけど、すぐに返事がもらえない時、この先どうしたらいいのかとすごく悩みますよね。この恋を成功させることができるのか、それともダメなのかと返事がもらえるまで気持ちが落ち着きません。

返事を保留にされてしまった以上、どうすることもできませんよね。もやもやした気持ちだけが残ってしまいます。しかし、すぐに返事がもらえなかったからと言って振られたわけではありません。ここは、ポジティブに考えていきましょう!

Publicdomainq 0012681zaz
引用: https://publicdomainq.net/images/201708/27s/publicdomainq-0012681zaz.jpg

そもそも、告白されたその場で返事ができない理由とは何なのでしょうか?好きならすぐに返事してくれるのでは?なんて思ってしまいますよね。しかし、すぐに返事ができない理由にもいろいろあるようです。

すぐに返事ができない理由によっては、その告白が成功するのか否かがかかっていますよね。

それでは、そんなすぐに返事ができない理由についてご紹介していきたいと思います。

Iyc2l5t0mjbuvlhfu51j

まずは、脈あり理由からご紹介していきたいと思います。告白の返事がもらえない理由がこれからご紹介する理由なら、脈ありの可能性が高そうですよ!

脈あり理由①【軽い人だと思われたくない】

Lgf01a201306090400 1
引用: https://www.pairs.lv/wp-content/uploads/2015/10/lgf01a201306090400-1.jpg

すぐに返事をしてしまうと、軽いと思われるのではないかと考える男性が以外にも多いようです。そこで、軽い人だとは思われたくないがために、告白されてもその場で返事をするのをためらってしまうこともあるようです。

脈あり理由②【冷静に判断したい】

Acb4653f07ba27f7a0c6b0fce185e719 t
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/ac/acb4653f07ba27f7a0c6b0fce185e719_t.jpeg

その時の感情で軽はずみな返事をしてしまうことは、相手に失礼だと考え、一度冷静になって考えてから返事をしたいと考える男性もいるようです。確かに、すぐに返事をされ、後で気が変わったなんてことがあったら嫌ですよね。このような考え方をする男性は、非常に誠実な方だと考えられます。

脈あり理由③【もう少し相手のことを知りたい】

30006000847
引用: https://cdn.amanaimages.com/cen3tzG4fTr7Gtw1PoeRer/30006000847.jpg

お互いが知り合って間もない段階での告白では、この理由で告白の返事をすぐにもらえないことが多いようです。まずは、お互いを知らないと先に進むのは難しいですよね。この理由も、あなたとのこれからを考えてくれているという意味で、脈ありな理由になるでしょう。

G6k1sybojrg3orlu2wwr

では次に、脈なしの理由をご紹介していきたいと思います。脈なし理由だからといって必ずし可能性がないというわけではありませんので、落ち込む必要はありませんよ!まだまだ挽回の余地はあります。

1 / 3