2018年05月08日 UPDATE

断食中にヨーグルトはOK?断食初心者は1週間ヨーグルトダイエットを!

ダイエットに効果的と噂の断食ダイエット。挑戦してみたいけど何も食べないなんて無理!とお思いのあなた!1週間ヨーグルトダイエットはいかがでしょうか?断食なのにヨーグルト?1週間で効果あり?リバウンドは?など、気になるヨーグルトダイエットの効果を検証♪

目次

  1. 【1週間ヨーグルト断食】どんな効果が期待できる?
  2. 【1週間ヨーグルト断食】どのくらいの量を食べたら良いの?
  3. 【1週間ヨーグルト断食】どのヨーグルトの種類でも良いの?
  4. 【1週間ヨーグルト断食】リバウンドが不安…
  5. 【1週間ヨーグルト断食】まとめ

【1週間ヨーグルト断食】どんな効果が期待できる?

宿便とサヨナラして便秘解消

ヨーグルトに含まれる乳酸菌や食物繊維は腸内環境を整えるのに非常に効果的。便秘気味ではない人でも残りがちな腸内の宿便は、代謝を下げ美容に大敵な存在です。毎日ヨーグルトを摂ることによって、宿便が解消され、腸から身体中をキレイにすることができます。

デトックス効果で新陳代謝が良くなる

炭水化物、特にグルテンの含まれる小麦粉や、余分な脂肪分、食品添加物を摂らずにヨーグルトのみ食べることによって、普段代謝しきれなかった毒素をゆっくりと身体の外へ排出することができます。宿便と同じく体内に溜まった毒素がなくなることによって、肌の調子も良くなり、ニキビや毛穴などの肌トラブルにも大きな効果があるのです。

代謝アップで太りにくい身体に

油ものばかりの食事や飲酒によるアルコールの摂取など、内臓は毎日身体に入ってきたものを代謝しようと働き続けています。あまりにも過酷な労働環境では、その働きも少しずつ衰えてしまうもの。1週間毎日ヨーグルトのみを摂ることによって、そんな内臓を休ませ本来の機能を取り戻すことができます。

【1週間ヨーグルト断食】どのくらいの量を食べたら良いの?

1食100グラムを目安量に

ヨーグルト断食序盤は朝昼晩の食事で100グラムずつヨーグルトを食べるようにしましょう。その際に野菜ジュースや豆乳、具なしのすまし汁など空腹感に合わせてカロリーや糖分の少ない水分を摂ります。慣れてきたら夜は水分のみで朝昼のみ100グラムを目安量にヨーグルトを食べます。

ヨーグルトの量はあまり増やさず水分を多めに

ヨーグルトもそこまでカロリーが少ないわけではありません。なるべく100グラムの目安量を守り、空腹時には炭酸水や無糖の野菜ジュースで補いましょう。また、食事のときに限らず、断食中は普段よりも多めに水分を摂ることを意識してください。

【1週間ヨーグルト断食】どのヨーグルトの種類でも良いの?

必ず無糖ヨーグルトを選ぶ

毎日毎食食べるとなると、食べやすいものを選びたいものですが、種類は無糖のプレーンヨーグルトを選びましょう。味気なく飽きてしまいそうな場合ははちみつなど、精製されていない天然の糖分を少しだけ加えてください。また、フルーツやグラノーラなど、ヨーグルト以外のものが入っている種類も避けるようにします。

【1週間ヨーグルト断食】リバウンドが不安…

復食期の回復食に注意

1週間のヨーグルト断食を終えて、翌日からまたすぐに好きな物を食べては必ずリバウンドが起こります。断食後の身体は不足した糖分など栄養を過剰に欲している状態。1日2日は食べたものがそのまま身体に吸収されると考えてください。ベストは豆腐や納豆、根菜などの野菜類やきのこ、海藻類。特にリバウンドの原因となる脂分の多い食べ物や肉魚など動物性のタンパク質も、断食後3日以降を目安に食べるようにしましょう。

体調が悪くなったら中断する

無理なダイエットこそ一番のリバウンドの原因です。断食ダイエットには頭痛や倦怠感など、好転反応と言われる症状が出ることがあります。大抵は2日目3日目を超えるとおさまるものですが、それ以降もひどくなるようであれば必ずダイエット自体を中断してください。

女性の身体には体調の波があり、ダイエットに向かない時期というのが必ずあると言われています。生理2週間後くらいの時期が体調的に最も断食ダイエットに適しているようです。

【1週間ヨーグルト断食】まとめ

いかがでしたでしょうか?断食ダイエットを試してみたいけど勇気がないというときは、ヨーグルトダイエットはいかがでしょうか!?ヨーグルトだけでなく、豆乳など他にも置き換え食品の種類はあるので、自分に合った食材で無理のないダイエットにぜひチャレンジしてみましょう♪

▽こちらもどうぞ▽