Yzbs9zzydlmtnliik8kg

俳優

CATEGORY | カテゴリー

竹脇無我の死因は?現在は元妻や父親はどうしてる?若い頃は?

2018.10.06

クールな二枚目俳優として人気を誇った俳優の竹脇無我さん。その死因は何だったのでしょうか?また、現在の元妻や父親は?今回は映画「人生劇場」「アンコ椿は恋の花」やドラマ「姿三四郎」などに出演していた竹脇無我さんの死因、身長や元妻の現在を調べてみました。

目次

  1. 【竹脇無我の若い頃と死因!元妻の現在】プロフィール
  2. 【竹脇無我の若い頃と死因!元妻の現在】うつ病を発症
  3. 【竹脇無我の若い頃と死因!元妻の現在】死因はなんだったの?
  4. 【竹脇無我の若い頃と死因!元妻の現在】身長は?
  5. 【竹脇無我の若い頃と死因!元妻の現在】父親はだれ?

【生年月日】1944年2月17日

【出生地】千葉県

【血液型】A型

Dudcb0lebdpbhudhueud

俳優の竹脇無我さんは青山学院中等部・高等部を経て、青山学院大学法学部を卒業しました。竹脇さんは父親の自殺、長男が半失明、次男が脳腫瘍で他界などで苦しくなった経済状況を支援するために芸能界へ入りました。

1960年に映画「しかも彼等は行く」でデビューし、1965年「アンコ椿は恋の花」で映画初主演を果たしました。その後、映画「人生劇場」、ドラマ「姿三四郎」で一躍有名となりました。「人生劇場」では高橋英樹さん、田宮二郎さん、渡哲也さんらを抑えて主演と務め、クールな二枚目の地位を確立させました。

数多くのドラマや映画で活躍し声も美しかったため、女性からの人気が非常に高く「理想の夫NO1」ともいわれていました。しかし、竹脇さん自身は外面と内面のギャップに悩んでいたそうです。

Xi1w14b9dy1gftiq8msc

竹脇無我さんは1970年に結婚し2人の娘がいます。しかし、十数年別居の末1997年に離婚しました。その後内縁の妻と同居しています。

1970年後半から1980年代にかけて共演女優との不倫が週刊誌に報道されていました。

竹脇無我さんは二枚目演じるストレスと友人の死が重なり、49歳ごろから自殺の衝動を酒で抑えるようになりました。その後心療内科で「うつ病」と診断されます。薬で症状が軽くなり、半年後に復帰することをマネージャーに伝えますが、退院後再び症状が激しくなり酒を飲むようになりました。俳優としての活動は続けていましたが、次第に台詞が頭に入らなくなっていき、糖尿病と高血圧を併発して再度入院しました。

Pak93 heyadehitoribocchi20140322 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK93_heyadehitoribocchi20140322_TP_V.jpg

娘のサポートや友人からの手紙が励みとなり、8年間の闘病の末に復帰します。しかし、父のように思っていた森繫さんの死去により再び精神的ショックを受け、飲酒や喫煙を再び続けてしまします。

1/3