2018年04月15日 UPDATE

いい女になるには?男目線から見るモテる女の特徴・見た目を総まとめ

異性からモテるため、同性に笑われないため、自分に自信を持つため、「いい女」になりたいと思う理由は人によって様々。しかも「いい女」像は人によって違うもの。そこで今回は男目線の「いい女」になるには、モテる自分になるにはどうしたら良いかを徹底チェック♪

目次

  1. 【男目線のいい女になるには】やっぱり見た目?
  2. 【男目線のいい女になるには】どんな性格がモテる?
  3. 【男目線のいい女になるには】女性らしい仕草が重要
  4. 【男目線のいい女になるには】男性が甘えられる女性に
  5. 【男目線のいい女になるには】自立心のあるしっかりしたところも
  6. 【男目線のいい女になるには】家庭的なところはマスト
  7. 【男目線のいい女になるには】いつでもポジティブで笑顔
  8. 【男目線のいい女になるには】たまには弱音も
  9. 【男目線のいい女になるには】男を振り回す女であれ
  10. 【男目線のいい女になるには】まとめ

【男目線のいい女になるには】やっぱり見た目?

いい女と一言で言っても、いったいどんな女性がいい女とされるのか、わかるようでわかりません。女性がいい男の見分け方を知りたいように、男性がいい女の見分け方を知りたいように、自身がいい女、いい男になる方法も知りたいのは当たり前です。ここでは世間一般の「いい女」の定義を詳しく解説してみました。男性の読者であればこういう行動をなさっている女性こそがいい女なのだと、見分け方の一つの指標にするのもいいかもしれません。

どうしたって美人はモテる

最初からどうしようもない特徴ですが、大抵の男性は美人が好きなものです。どうしても美しい見た目に目が行きがちですし、可愛い子には優しくしがち。ですが、多くの男性も石原さとみや北川景子と本当に付き合えるだなんて思ってはいません。付き合うのはいつも目の前にいる女性です。

見た目だけじゃないフェチがある

爪の先までキレイに磨いてある指先や、毎日ケアを欠かさないツヤツヤの髪、触れたくなるような白くて柔らかい肌など、男性にはそれぞれ好みのフェチがあります。しかし、どの男性が女性のどのポイントに注目しているかわからない以上、こちらとしては常に身体のあらゆるところを念入りにケアしなければいけません。

しかし毎日のケアは何も男性にモテるためだけではありません。ささくれの無い指先が目に入るたび、ボディクリームの良い匂いがするたび、少しだけ自分に自信が持てるのではないでしょうか?そういったさり気ないところで磨かれたところを「いい女」の特徴の見分け方にする男性も多いようです。

【男目線のいい女になるには】どんな性格がモテる?

「性格が良い子」ってどんな子?

「どんなに見た目が良くても性格が悪かったら最悪」と世間は言います。中には「菜々緒だったらどんなに性格が悪くてもなんか良い」とか言う意見もありますが、大抵の一般女性には性格の良さを求める傾向にあるようです。「どんな相手にも平等に親切にする」「ありがとうやごめんねを言える」など裏表のない素直なところを性格の見分け方にしている男性が多いようです。

優しさや品格を重視

素直な感謝の「ありがとう」や人を見た目で判断しない様子には育ちの良さすら感じさせます。女性らしさ以前の人間らしい品格ですが、そもそもそこが出来ていないと「いい女」の土俵には立てません。もちろん、人の悪口を言うなどの下品な行動は大きくマイナスとなる特徴です。

性格診断をしてみよう!

本当のところ、自分の性格の悪さはどんなものか考えたことはありますか?一度性格の悪さ診断で本当の自分をチェックしてみましょう。

続いての診断は16パターンのタイプに分けた性格診断です。質問もわかりやすく、細かい解説もついているので人気の診断になっています。

【男目線のいい女になるには】女性らしい仕草が重要

姿勢は正しく

背すじを伸ばして座る、だらしなく歩かないなど、姿勢の良さは特に重要です。見分け方云々の前に、第一印象からマイナスとなってしまいます。見た目が良くても大きながに股で歩いたり、足を投げ出すように座ったりしては全てが台無し。しゃんとした姿勢でいるのは正直大変ですが、そのぶん他の女性よりも美しく見られることが出来るかもしれません。

笑い方やくしゃみにも気を付けて!

ゲラゲラとつばを飛ばしながら笑ったり、オッサンのように大きなくしゃみをする女性は明らかに「いい女」の特徴ではありません。見た目と同様品のある仕草が「いい女」の条件なので、口元を隠すなど上品な仕草を心掛けるようにしましょう。

言葉遣いにはもちろん注意

男性に好まれない特徴の一つに、乱暴な言葉遣いがあります。くだけた話し方は親密さや安心感を与えますが、下品ななれなれしさと紙一重。「マジで?」を「そうなんだ?」に変えるだけでも印象は大きく違います。話し方のマナー本などは読んでおいて損はないので、この機会に勉強しておくと良いかもしれませんね。

【男目線のいい女になるには】男性が甘えられる女性に

聞き上手な女性はモテる

仕事の愚痴や小さな自慢話など、女性に自分のことを「聞いて欲しい!」と考える男性は多いようです。話したいことを全部聞いてもらえた時の満足感は満腹のそれに近い気持ちの良さがあります。興味の無い話を延々聞かされる苦痛はあるかもしれませんが、そんなときは相槌の「さしすせそ」を意識しましょう。

「さ:さすが」、「し:知らなかった」「す:すごい」「せ:センスある」「そ:そうなんだ」この5つのワードをほんの少しのバリエーションで人の話を聞ききることが可能なので、嫌な顔をせずに相槌を打てればきっと「いい女」だと感じてくれるはずです。

包容力のある癒し系の女性に

多くの男性は「癒やして欲しい」「自分を許容して欲しい」と思っています。俗に言う「マザコン」のような要素ですが、結局は「安心感」を求めての欲求。「私はあなたのお母さんじゃない」という言葉をぐっとこらえて、「大変だったね、甘えて良いのよ」と言える女性が男性にとっての「いい女」なのでしょう。

【男目線のいい女になるには】自立心のあるしっかりしたところも

自分のことは自分で出来る女性

仕事や生活など、他人に依存せずに生きていく能力というのも、男性は密かにチェックしています。将来同棲や結婚をした時に金銭的にだらしがなかったり、掃除や洗濯がしっかり出来なかったりすると大変だからです。また、精神的にも依存しがちな女性も敬遠されがち。精神的に自立した生活力のある女性というのも、「いい女」の見分け方の一つのようです。

なんでも許しすぎない

時には男性に「NO」と言うことも重要です。男性のわがままをなんでも聞き入れてしまうと、「いい女」を通り越して「都合のいい女」に認定されてしまいます。「悪いところを指摘して、かつ受け入れてくれる女性」はいい女必須の特徴。

都合のいい女診断もしてみますか?

周りを見ると一人はいる「ダメ男製造機」。そんな都合のいい女になっていないか本当の自分をしっかり診断してみましょう!

【男目線のいい女になるには】家庭的なところはマスト

いい女は掃除や洗濯、料理などの家事全般がこなせるもの、そう考える男性は多いはずです。男性も女性も仕事を持つこの時代に何故女性だけが家事能力を求められるのかと思うかもしれませんが、とにかく男性は女性に家庭を守ってほしいと思ってしまうようです。

【男目線のいい女になるには】いつでもポジティブで笑顔

前向きな思考や明るい雰囲気

「いい女」は常に笑顔を絶やさないもの。どんなことにもニコニコと対応し、嫌なことがあってもへこたれない、そんな健気な様子に惹かれる男性は多いようです。一緒にいて明るい気持ちにさせてくれる女性は、男女問わず周りに人が集まるタイプと言えるでしょう。

人当たりの良さも重要

他人に対する態度がギスギスしていると、男性は自分の友人や家族に紹介しづらいと感じ敬遠してしまいます。周りに自慢したくなるようなパートナー。本当は女性はアクセサリーでは無いのですが、そんな「いい女」が求められているのが現実のようです。

【男目線のいい女になるには】たまには弱音も

外では明るくてしっかりしているけど、本当は自分にだけ弱いところを見せてくれる……、そんな女性にコロッと落ちてしまう男性は驚くほど多いようです。自立心のあるしっかりした女性が好きと言いつつ、あまりにもしっかりしすぎていると「自分がいなくてもいいのでは…?」と不安になる男性も多いのです。

たまには甘えたり失敗したりと、「あなたがいないとダメなの」という様子を見せることも大切です。「そばにいて守ってあげたい」と男性に思わせることで、よそ見や浮気防止効果もあるんです。

【男目線のいい女になるには】男を振り回す女であれ

女性に振り回されることが好きな男性も少なくありません。少しわがままだったり、自分の思う通りにならない女性の方が気になってしまうもの。そんな小悪魔的な特徴が「いい女」度をぐっと上げてくれるものです。男性の狩猟本能をくすぐり、「手に入れたい!」と思わせるには男性に対して余韻を残すことが重要。

ぜひ「余韻を残す女度診断」でいい女度を診断してみましょう♪

【男目線のいい女になるには】まとめ

いかがでしたでしょうか?色々と上げてきておいて身も蓋もありませんが、「いい女」の条件は男性によって違います。しかし、最低限の身だしなみやマナーなど、気を付けておいて損はない部分も多くあるのではないでしょうか?

女性のどういうところに「いい女」を感じるのか、目の前の男性がどういうタイプかの見分け方を養うことも「いい女」の条件かもしれませんね。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://i0.wp.com/girlydrop.com/wp-content/uploads/2017/09/IMG_6596_s.jpg