Wfi03cb309hhn7uxv1i2

女優

CATEGORY | 女優

鶴田真由の年齢や誕生日は?旦那と結婚?本名は?坂本龍一と熱愛?

2018.04.08

清純派女優としてしられる鶴田真由さんですが、意外と年齢や誕生日ってしらないですよね。そこで、この記事では鶴田真由さんの年齢・誕生日・旦那・本名・宗教・結婚・坂本龍一さんとの関係など、鶴田真由さんの情報を詳しくご紹介していきたいと思います。

目次

  1. 【鶴田真由の年齢・誕生日・旦那・結婚・本名・坂本龍一・宗教まとめ】鶴田真由のプロフィール
  2. 【鶴田真由の年齢・誕生日・旦那・結婚・本名・坂本龍一・宗教まとめ】鶴田真由のおすすめドラマ①
  3. 【鶴田真由の年齢・誕生日・旦那・結婚・本名・坂本龍一・宗教まとめ】鶴田真由のおすすめドラマ②
  4. 【鶴田真由の年齢・誕生日・旦那・結婚・本名・坂本龍一・宗教まとめ】鶴田真由のおすすめドラマ③
  5. 【鶴田真由の年齢・誕生日・旦那・結婚・本名・坂本龍一・宗教まとめ】鶴田真由は宗教にハマってる?
  6. 【鶴田真由の年齢・誕生日・旦那・結婚・本名・坂本龍一・宗教まとめ】鶴田真由の結婚
  7. 【鶴田真由の年齢・誕生日・旦那・結婚・本名・坂本龍一・宗教まとめ】鶴田真由の旦那
  8. 【鶴田真由の年齢・誕生日・旦那・結婚・本名・坂本龍一・宗教まとめ】坂本龍一との熱愛報道があった?
  9. 【鶴田真由の年齢・誕生日・旦那・結婚・本名・坂本龍一・宗教まとめ】鶴田真由の現在
  10. 【鶴田真由の年齢・誕生日・旦那・結婚・本名・坂本龍一・宗教まとめ】鶴田真由のまとめ
Mayu tsuruta
引用: http://www.he-fumu.com/wp-content/uploads/2017/09/mayu-tsuruta.jpg

まずは鶴田真由さんの簡単なプロフィールからご紹介していきます。鶴田真由さんは1970年4月25日生まれで、年齢は47歳(記事執筆時)になります。身長は156㎝、血液型はO型です。成城学園高校を卒業後、成城大学文芸学部に通い卒業されています。鶴田真由さんの本名は「中山真由」で、旧姓は鶴田です。なのでずっと本名で活動をされているようです。

01
引用: http://nationalgeographic.jp/nng/article/20111201/292296/01.jpg

芸能界へと足を踏み入れたのは高校生の頃で、広告代理店に勤務していた従兄の紹介でCMの端役を務めたことがきっかけでした。そして1988年に、「あぶない少年Ⅱ」で本格的に女優デビューし、「教師びんびん物語II」や「ホテル物語・夏!」に出演するなど活躍の場を広げられていきます。

Lspezt6g0refglsxr0pb
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20161230/22/kanamemayo/e5/81/j/o0400020613833805043.jpg?caw=800

まず最初におすすめするのは、1994年に放送されたドラマ「妹よ」になります。このドラマは、貧しい家庭で育った主人公「松井ゆき子」が、ある日大企業の御曹司「高木雅史」と運命的な出会いをする。身分や立場の違いにためらいながらも、兄の応援に背中を押され、恋に奮闘する姿を描いたラブストーリーになっています。

Ezd5nx0e 400x400
引用: https://pbs.twimg.com/profile_images/853249722739445761/Ezd5nX0E_400x400.jpg

鶴田真由さんは、主人公と恋に落ちる御曹司「高木雅史」の妹「高木瞳」役を演じています。このドラマは「101回目のプロポーズ」という名作ドラマをヒットさせたスタッフが再結集して制作されたドラマになっており、最高視聴率は30%を超えるなど高視聴率を獲得しています。

04 25
引用: http://yumeijinhensachi.com/wp-content/uploads/2018/03/04-25.jpg

次におすすめするのは、2000年に放送されたドラマ「つぐみへ…〜小さな命を忘れない〜」になります。このドラマは、東京郊外に引っ越してきた妻・夫・娘の3人は新しい生活に胸を弾ませていたが、ある日娘が突然帰らぬ人になってしまう。事故ではなく事件により娘を奪われた被害者家族の戦いを描いたサスペンスドラマになっています。

2031774 201312140192450001386979233c
引用: https://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20131214/2031774_201312140192450001386979233c.jpg

鶴田真由さんは亡くなった娘の母「丘咲優美」役を演じています。悲しくも考えさせられる社会派ドラマになっているので、ぜひチェックしてみてください。

L
引用: http://www.fami-geki.com/upimages/program/03102/l.jpg

次におすすめするのは、2011年に放送されたドラマ「マルモのおきて」になります。このドラマは、主人公「高木護」の親友が若くして亡くなり、親友の双子の子どもを引き取ることになったのですが、色んな事にぶつかりながらも乗り越えていく家族を描いた話になっています。

1 / 3