2018年04月04日 UPDATE

白髪がかゆいのはなぜ?原因と対策方法を徹底的にまとめてみた

白髪がかゆいのは一体なぜなのでしょう?白髪がかゆい原因や、フケの原因を解説していきます。白髪や頭皮がかゆいのは頭皮のダメージが原因の可能性があります。白髪はなぜかゆみを感じるのか、その原因と家でも簡単にできる白髪のかゆみ対策をチェックしていきましょう!

目次

  1. 【白髪がかゆいのはなぜ?原因と対策】白髪は黒髪より太い!
  2. 【白髪がかゆいのはなぜ?原因と対策】シャンプーを変える
  3. 【白髪がかゆいのはなぜ?原因と対策】白髪染めを変える
  4. 【白髪がかゆいのはなぜ?原因と対策】マッサージする
  5. 【白髪がかゆいのはなぜ?原因と対策】洗髪方法を変える
  6. 【白髪がかゆいのはなぜ?原因と対策】白髪を抜かない
  7. 【白髪がかゆいのはなぜ?原因と対策】ブラッシングする
  8. 【白髪がかゆいのはなぜ?原因と対策】頭皮ローションを使う
  9. 【白髪がかゆいのはなぜ?原因と対策】ヘッドオイルを使う
  10. 【白髪がかゆいのはなぜ?原因と対策】頭皮ケアをする!

【白髪がかゆいのはなぜ?原因と対策】白髪は黒髪より太い!

白髪が出てくると色も気になりますが、白髪特有のかゆみにも悩まされます。白髪が生えている箇所や周辺だけ痒くなることがあります。この原因の正確な理由は分かっていませんが白髪は黒髪よりも太いことも理由の一つとされています。

白髪と黒髪を比べると太さに違いのないように見えますが、実は白髪は黒髪よりも太く、そのためにかゆみを感じるととても気になります。白髪のかゆみ対策方法や、頭皮のかゆみの原因となるフケ対策をご紹介します!

【白髪がかゆいのはなぜ?原因と対策】シャンプーを変える

白髪やフケのかゆみの原因にはいくつかの理由か考えられますが、もっとも多い理由の一つがシャンプーです。自分の頭皮に合うシャンプーを使うことで、フケのかゆみや白髪のかゆみが軽減します。シャンプーに入っている原材料の中には様々な物質が含まれています。

シャンプーには無添加のシャンプーや弱酸性のシャンプーなど、頭皮に優しいシャンプーがあります。今のシャンプーで白髪のかゆみやフケがひどい場合は、頭皮に優しいタイプのシャンプーを使ってみましょう。シャンプーには髪を洗うタイプと頭皮を洗うタイプのシャンプーがあるので、白髪のかゆみやフケには頭皮を洗うシャンプーを使いましょう。

【白髪がかゆいのはなぜ?原因と対策】白髪染めを変える

白髪が気になると家で簡単に髪を染める白髪染めを使うことが増えます。白髪染めるための白髪染めにはジアミンという成分は含まれているタイプと、ジアミンフリーの含まれていないタイプがあります。白髪を染める白髪染めが原因で白髪にかゆみを感じている場合は、ジアミンの入っていないジアミンフリーの白髪染めを使いましょう。

白髪を染める白髪染めには低刺激タイプと刺激の強いタイプがあります。低刺激タイプはほとんどの場合ジアミンフリーなので、白髪染めを選ぶ場合は原材料をしっかりとチェックしてから購入するようにしましょう。染める時の白髪染めを変えることで、白髪のかゆみだけでなくフケを抑えることにもつながります。

【白髪がかゆいのはなぜ?原因と対策】マッサージする

白髪のかゆみやフケの原因は頭皮にあります。頭皮のコリをほぐしマッサージすることで、頭皮のストレスを軽減することが出来ます。その結果、白髪のかゆみやフケをなくすことが出来ます。ヘッドマッサージと言ってもサロンや美容室に行く必要はありません。家で自分で数分間頭をほぐすだけでも効果があります。

自分でヘッドマッサージをする場合は、爪を立てないように注意しましょう。指の腹の部分を使って少し強めに頭をマッサージしていきましょう。白髪の生えている部分やフケのひどい部分は重点的にマッサージしてあげると効果的です。

【白髪がかゆいのはなぜ?原因と対策】洗髪方法を変える

白髪や髪を染めるヘアカラーを使ったり、紫外線を浴びたりすることで、頭皮は想像以上にダメージを受けています。頭皮は言い換えれば皮膚なので肌と同じようにデリケートな部分です。シャンプーやリンスをする時の洗い方にも注意が必要です。

シャンプーやリンスをした髪を洗う時には、頭皮を洗う時とは別と考えることが大切です。髪のケアを中心にする日と頭皮のケアを中心にする日を分けて洗髪していきましょう。地肌を洗う時は顔を洗う時と同様に、爪は立てずに指の腹で汚れをとるように洗うことが大切です。

【白髪がかゆいのはなぜ?原因と対策】白髪を抜かない

白髪を染める変わりに白髪を抜くのは止めましょう。白髪を染める白髪染めの成分で頭皮が傷つく場合ことがありますが、白髪を抜くと抜いた場所の毛が太くなる可能性があります。脱毛の場合と一緒で、白髪も抜くことで後からの処理が大変になります。

白髪を見つけた場合は抜くのではなくカットすることが一番です。数本だけ白髪を見つけた時は白髪染めを使ったりピンセットで抜くよりも、髪専用のハサミで短くカットしましょう。抜くことで後からの髪のケアが難しくなる可能性があります。白髪を見つけた場合は抜くのではなく、焦らずに白髪をカットしましょう。

【白髪がかゆいのはなぜ?原因と対策】ブラッシングする

白髪のかゆみやフケの原因の対策にはブラッシングも効果的です。ブラッシングする場合は、頭皮ケアのために作られたブラシを使いましょう。頭皮のブラッシングをする時、まずは髪をスムーズにして絡まりを解いてからブラッシングしていくのが大切です。

頭皮用ブラシでブラッシングする時は、頭皮を優しく叩くと効果的です。頭皮に軽い刺激を与えることで、髪や頭皮のコリがなくなり、頭皮全体がリラックスします。優しく叩くことで頭皮に付着した皮脂汚れをとることが出来ます。

ブラッシングは朝と夜に二回するのが効果的です。夜は髪を洗った後にブラッシングしていきましょう。頭皮をぽんぽんと軽く叩く感覚で全体的にブラッシングするのがポイントです。白髪の気になる場所は念入りにブラッシングしていきましょう。

【白髪がかゆいのはなぜ?原因と対策】頭皮ローションを使う

白髪染めやシャンプーを変えても効果がない場合は、痒み止めや乾燥を止めるための頭皮用ローションが効果的です。頭皮は紫外線や日光の光を直接当たりやすいので、乾燥しやすくなっています。頭皮用ローションは乾燥からくる地肌のかゆみを和らげてくれる効果があります。

頭皮ローションだけでなく、頭皮のかゆみを抑えるかゆみ止めなら即効性があります。どうしてもかゆみが気になって仕方がない場合は、即効性のある頭皮のかゆみ止めを使って一旦かゆみを沈め、定期的に頭皮ローションでかゆみの原因を治していくのがおすすめです。

頭皮ローションを使う場合は、シャンプーやリンスで髪をしっかりと洗った後に使うことで、浸透しやすくなります。髪や頭皮の周りに余分な汚れが付着している場合は、汚れがローションの浸透をブロックしてしまうからです。シャンプーをして洗髪した後に頭皮ローションを使って、頭皮全体の乾燥を防ぎましょう。

【白髪がかゆいのはなぜ?原因と対策】ヘッドオイルを使う

頭皮ケアのヘッドオイルも白髪のかゆみやフケに効果的です。フケは髪の乾燥が原因なので、オイルを使うことで、髪や頭皮の水分が逃げないようにカバーしてくれます。ヘッドオイルはヘッドマッサージをする時に一緒に使うことで効果がアップします。

ヘッドオイルは少量でも効果的があります。白髪の生えてい部分や頭のコリを感じる部分には、ヘッドオイルを数的たらして、指の腹でマッサージしていきましょう。オイルを塗ってマッサージをする場合は、頭皮にオイルを浸透させることを意識しながら塗っていきましょう。

ヘッドオイルは白髪の部分だけでなく、頭のてっぺんの部分やその周辺には念入りに塗っていきましょう。頭の上の部分は特にコリを感じやすい部分です。紫外線も当たりやすい部分なので、ヘッドオイルは頭の塗る箇所も意識して使っていきましょう。

【白髪がかゆいのはなぜ?原因と対策】頭皮ケアをする!

白髪を染めたり抜くことで、知らないうちに頭皮にダメージを与えています。頭皮に与えられたダメージが原因で白髪のかゆみやフケが発生するので、髪や頭皮に付けるシャンプーや白髪染めの成分はしっかりとチェックして低刺激タイプを使っていきましょう。

髪を洗う時は、髪を洗うだけでなく、頭皮もしっかりとケアしてあげることが大切です。頭皮をケアすることで、頭皮の弾力が増し、白髪や黒髪のケアにも繋がっていきます。白髪のかゆみやフケが気になる場合はしっかりと頭皮ケアをして地肌を守っていきましょう!

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1521759784/ka4av9tv9pwxmrpu5zhb.jpg