Pr3kxcg9ydx17nfwdgwt

妊娠

CATEGORY | 妊娠

妊婦さんってカフェインって禁止??妊娠中のカフェインの影響と容量

2018.04.06

妊娠中は、カフェインを摂取してはいけないって聞いた事はありませんか。妊娠中にカフェインを摂取することで、お腹の赤ちゃんにどのような影響を及ぼすのか、また、どのくらいの量ならコーヒーやお茶を飲んでも大丈夫なのかご紹介していきます。

目次

  1. カフェインは妊娠中にとってはいけないの?
  2. 妊娠中のカフェイン摂取量の目安
  3. カフェインが胎児に与える影響とは?
  4. カフェインがお母さんの体に及ぼす影響
  5. 妊娠中はお茶やコーヒーをどのくらい飲んでもいいの?
  6. 主な飲み物のカフェイン含有量
  7. 主な飲み物の妊娠中一日当たりの量の目安
  8. 量を気にせずコーヒーを楽しみたい!そんな方にはカフェインレスがおすすめ
  9. 妊娠中におすすめ!カフェインレスコーヒーその1:ネスカフェゴールドブレンドカフェインレス
  10. 妊娠中におすすめ!カフェインレスコーヒーその2:無印良品「ドリップコーヒーカフェインレス」
  11. 妊娠中におすすめ!カフェインレスコーヒーその3:小川珈琲「有機珈琲カフェインレスモカ」
  12. 妊娠中は、カフェインの入っていないお茶もおすすめ!
  13. 妊娠中におすすめのお茶その1:ルイボスティー
  14. 妊娠中におすすめのお茶その2:タンポポ茶
  15. リラックスタイムを充実させて妊娠期を乗り越えましょう!
You dsc 0834 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YOU_DSC_0834_TP_V.jpg

コーヒーや紅茶に含まれるカフェインは、妊娠中にとってはいけないのでしょうか。実は、カフェインは妊娠中に全く取ってはいけないわけではありません。世界各国で、妊娠中のカフェイン摂取量がどのくらいかであるか目安が定められています。

Ima20160724291614 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/IMA20160724291614_TP_V.jpg

妊娠中に1日あたりのどのくらいのカフェインを摂取してもよいのかの量の目安として、世界中でさまざまな基準が定められています。

まず、世界保健機関WHOでは、妊娠中のカフェイン摂取量は1日あたり300mgまでと定められています。

次に、カナダの保健省も、WHOと同じく、1日あたり300mgまでと定めています。

オーストリア保健・食品安全局でも、同じく1日あたり300mgまでと定めています。

0i9a1231 1 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/0I9A1231_1_TP_V.jpg

ただし、イギリスの食品基準庁では、一日当たり200mgまでと定めています。

一番厳しいのは、イギリスの基準なので、この基準量を超えなければ、妊娠中であってもカフェインを摂取できると考えてよいでしょう。

それではなぜ、妊娠中にはカフェインの摂取量が定められているのでしょうか。それは、妊娠中のお母さんがカフェインを摂取することで、お腹の中の赤ちゃんに影響を及ぼしてしまうおそれがあるからです。

まず、カフェインには、自然流産を引き起こす可能性が指摘されています。さらには、動物実験において、催奇形性のリスクが高まることも実証されています。

Coffee0i9a8917 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/COFFEE0I9A8917_TP_V.jpg

さらに、カフェインは胎盤を通して赤ちゃんに送られるため、胎児の肝臓に負担がかかることで発育障害(低体重出産)につながる可能性もあるのです。

お腹の中の赤ちゃんにさまざまな影響を与えてしまうカフェインの摂取は、なるべく控えた方がよいのです。

カフェインが影響を及ぼすのは、お腹の中の赤ちゃんだけではありません。カフェインを摂取した妊娠中のお母さんの体にも、さまざまな影響をおよぼします。

まず、妊娠中の体は、通常のときと比較して、肝臓などの働きが鈍るため、カフェインの代謝が遅くなります。体内にとどまったカフェインは、カルシウムや鉄分の排出を促進してしまう作用があるのです。

Di img 5771 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/DI_IMG_5771_TP_V.jpg

カルシウムが排出されることにより、骨粗鬆症のリスクが高まります。また、鉄分も排出されてしまい、貧血を引き起こす原因にもなるのです。

赤ちゃんだけでなく、妊娠中のお母さんの体にも影響を及ぼしてしまいますので、カフェインの摂取は控えた方がよいでしょう。

1 / 3